1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. リフォーム関連の優遇税制
  4. 詳しく知る
  5. 長期優良住宅のリフォーム事情や補助金について

長期優良住宅のリフォーム事情や補助金について

長期優良住宅のリフォーム事情や補助金について

長期優良住宅には減税などの税制優遇があり、補助金制度も利用できます。 条件や制度についてご紹介します。

長期優良住宅の減税とは

長期優良住宅 減税

2009年に長期優良住宅法が施工されました。
住宅建設の品質向上とメンテナンスや管理に関して法律で定めており、住宅購入者にとって心地よい住宅に長期にわたって住んでもらおうという意図のもと考え出されました。長期優良住宅法では、住宅の耐久性と耐震性、安全性を目指しており、各都道府県知事に認定を受けた住宅を長期優良住宅としています。
建築後も品質の維持管理のためにメンテナンスを怠らず、住宅構造の重要な部分については、10年ごとに点検・修繕を行い、それを記録に残しておくことが法律で義務付けられています。
住宅建設業者は、メンテナンスの時期が来たことを購入者に必ず知らせなければいけないとされています。また、減税の申請を受ける場合には多くの書類も必要となりますので、事前に減税制度について調べておくと便利です。

長期優良住宅の税制優遇適用条件について

長期優良住宅の税制優遇適用条件について

減税制度などの適用を受けるためには、定められている条件をクリアし、各都道府県知事により長期優良住宅として認定されている住宅でなければいけません。
知事の認定を受けるためには、住宅の耐久性が高いこと、メンテナンスがしやすいこと、求められている一定の面積であること、定期的な修繕等に関する計画がきちんとあること、などの条件があります。
エコ住宅のためには、省エネ基準を満たしていることも非常に重要です。
住宅の屋根や外壁、床の耐久性、太陽光発電などのエコロジーシステムも考慮して、総合的に判断します。これは、低炭素住宅の場合も同様で、一定の基準を満たしていなければいけません。
認定を受けることができる住宅はどれも高い品質が求められ、メンテナンス費用はかかりますが、減税やローンの面での税制優遇措置を受けることができるのが有利です。

長期優良住宅補助金制度とは

長期優良住宅補助金制度とは

長期優良住宅の認定を受けると、様々な制度が活用できるようになります。例えば、住宅ローン控除や固定資産税控除などです。その結果、出費を抑えることができるため数百万の優遇を受けることも可能です。
国や自治体によって行われている長期優良住宅普及促進事業ですが、補助金制度の受給者は、住宅供給事業者や建設事業者になります。この制度を利用すると施主や建築主に補助金が受給されます。
補助金制度を受けるためには、建設前に自治体などに細かな条件などを相談し、申請を行います。長期優良住宅補助金制度を利用することで、既存住宅のリフォームだけでなく、エコ住宅など様々な住宅建設に活用することができます。

リフォームを行う前に、リフォーム関連の優遇税制を詳しく知る必要があります。ホームプロに加盟しているリフォーム会社は税金に関する知識も豊富です。お気軽にご相談ください。

▼関連ページ
「長期優良住宅」リフォームで古くても、安心して長く住める家へ
https://www.homepro.jp/tokusyuu/choukiyuuryou/

リフォーム関連の優遇税制
カテゴリ一覧

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ