1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. リフォームローン
  4. 事例・ケーススタディ
  5. 2つのローンをまとめて一本化

2つのローンをまとめて一本化

  • 最終更新日:2015-06-11
築20年の中古戸建てを購入し、フルリフォームをしたAさん(20代)の場合のリフォームローンのシミュレーション。住宅リフォームなら比べて選べるホームプロ!

CASE.01:20代、Aさん家

郊外に築20年の中古戸建てを購入し、同時に一軒丸ごとフルリフォーム。住宅購入分とリフォーム分、2つのローンを抱えることになったAさん。その返済プランは?

Aさん家 プロフィール
世帯主年齢 26歳
家族構成 夫婦
世帯年収(税込) 500万円
中古住宅購入価格 2500万円
リフォーム価格 1000万円
頭金 500万円
リフォーム箇所 全体

中古住宅購入分とリフォーム分のローンをまとめて一括に

中古住宅購入後すぐにリフォームを行う場合、これまではそれぞれのローンを別々に組む必要がありました。

しかし、最近では2つのローンをまとめた1本のローンとして利用できる商品が各金融機関から登場してきています。

これにより抵当権設定が1本化するなど手続きの手間が短縮され、金利も住宅ローンのものを利用することが可能に。

Aさんの場合、中古住宅購入価格が2500万円、リフォーム価格が1000万円。

そこから頭金を差し引いた3000万円を住宅ローンで賄うことにしました。

返済期間の目安は35年。

仮に金利を2.5%(便宜上、全期間固定)とした場合、総支払額は約3750万円に。

なお、月々の返済額は約8万9000円、返済負担率は約21.4%になります。

返済額の目安(借入金額:3000万円、試算金利:固定2.5%)
総支払額 毎月の返済額 返済期間 返済負担率
3753万6851円 8万9373円 35年 21.4%

ちなみに、「返済負担率」とは収入に対するローン返済額の割合。

無理なく返していくための目安となる数値で、一般的にローン返済負担率の適正値は、一般的に25%以内といわれています。

Aさんの場合は適正値内におさまっていますので、無理なく返済していけるプランになっているといえるでしょう。

繰上返済を上手に活用して月々の返済負担を減らしましょう

家計の負担が少ない時期に頑張って繰上返済をしておくと、その後のキャッシュフローが安定します。

たとえばAさんは現在26歳で子どもなしですが、30歳で子どもが生まれたとすると、5年後~20年後にかけてかなりの教育費がかかってきます。

そこで、子どもが小学校に入学する前の比較的余裕のある時期(※Aさん33歳の時点)に300万円の繰上返済を行ったとすると、繰上後の返済額は月々7万6949円に。

毎月の負担が1万円以上減ることになります。

長期の住宅ローンは、お金がかからない時期に出来る限り頑張って返すことが重要になります。繰上返済を上手に活用し、将来にわたるライフプランを充実させましょう。

繰上前の月々の返済額 繰上後の月々の返済額 軽減額
8万9373円 7万6949円 1万2424円

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ