1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. キッチンのリフォーム
  4. キッチンリフォームの基礎知識
  5. キッチンをツーバイフォーでリフォームする方法とは

キッチンをツーバイフォーでリフォームする方法とは

  • 最終更新日:2016-03-26

キッチンをツーバイフォーでリフォームする方法とは

リーズナブルながらも高い技術でリフォームが実現するツーバイフォーについて、簡単にできる窓や壁のリフォームについて。そしてツーバイフォー工法を利用したリノベーションについてご紹介しています。

ツーバイフォーでキッチンの窓をリフォーム

pixta_15772697_M
キッチンのリフォームを考えているが、なるべく予算と工事期間はかけたくないと考える人も少なくないのではないでしょうか。そこでおすすめなのが北米で生まれた2×4(ツーバイフォー)と呼ばれる工法です。日本では木造枠組み壁構法と呼ばれていますが、ツーバイフォーという言葉の方が耳にしたことがある人も多いのでは。

キッチンの窓をリフォームする場合も、2インチ×4インチなどの規格品を使用してリフォームを行うため、値段はもちろん、工期も短いというメリットも。またこのツーバイフォーは気密性や耐震性に優れ、防音性や耐火性なども兼ね備えていることから信頼性のおける工法と言えます。キッチンの窓も短期間でリフォームが可能なので、ちょっとだけキッチンを変えたいと考えている人におすすめです。

ツーバイフォーでキッチンの壁をリフォーム

kitchen renovation
値段もリーズナブルで多くのメリットがあるツーバイフォーは、キッチンの壁にも活用可能です。柱がなくても耐震性に優れた開放的な空間が実現できます。キッチンをリフォームする時にレイアウトを変更し、壁を取り払い広々としたキッチンに再構成する事例なども注目を集めています。
柱がなくて大丈夫なの?と思うかも知れませんが、ツーバイフォーなら気密性や耐震性、防音性や耐火性など機能性が高く信頼がある工法なので安心です。
ツーバイフォーで実際にリフォームした事例などを見ると、イメージがさらに深まるのではないでしょうか。

ツーバイフォーでキッチンをリノベーション

1-1
ツーバイフォー工法の技術や機能性が高いことは理解していただけたでしょうか。キッチンの性能をさらに高めたい時に考えるのがリノベーションですが、大々的な工事となると予算と工事期間は気になるポイントなのでは。

ツーバイフォー工法は、構造化された基本のルールがあるので、それを元にプランニングを行っていきます。規格品などを使用するためその分コストカットができ、自由度が高い設計も可能になります。リノベーションを検討している人は、さまざまなメリットがあるツーバイフォーも選択肢の一つにしてみてはいかがでしょうか。

いかがでしたか。リフォームにはさまざまな専門用語があり、一つ一つ理解していく必要があります。ホームプロでは「リフォーム用語集」で用語の解説もしていますので、分からない用語が出てきたら参考にしてみてはいかがでしょうか。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ