1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 増築・改築リフォーム
  4. 増築・改築リフォームの基礎知識
  5. 増築して、たっぷり収納を確保

増築して、たっぷり収納を確保

  • 最終更新日:2015-04-24

増築して、たっぷり収納を確保

増築して、たっぷり収納を確保する方法をご紹介しています。リフォーム会社選び実績No.1サイト「ホームプロ」が提供。

増築してウォークインクローゼットを設置

「子どもが大きくなって収納が足りなくなった」「リビングにモノがあふれてきた」など、収納に対する悩みを持つ方が多いようです。増築で納戸を作れば、収納の悩みは、おおむね解決するでしょう。納戸とは、窓がなく建築基準法で居室の基準に満たしていない部屋のことをいい、サービスルームと呼ぶこともあります。

納戸といっても単なる物置にするのではなく、機能的なウォークインクローゼットがおすすめです。ウォークインクローゼットとは西洋式納戸のこと。「ウォークイン」というように、人が中に入って洋服などを出し入れできるスペースなので、最低でも3~4畳を確保したいところです。ウォークインクローゼットには、洋服を掛けるハンガーパイプのほか、手持ちのタンス、小物類を入れる引き出し収納、広さにゆとりがあれば鏡台なども置くと便利です。また、トランクやゴルフ道具、バックなど、家中のさまざまなモノを集中的に収納できるので、住まい全体がすっきりします。

上と下を収納場所として活用

ウォークインクローゼットは横への増築ですが、縦への増築方法として屋根裏の活用が考えられます。屋根裏活用としては3つの方法があります。1つめは、屋根裏の床を補強し換気口を設けて収納スペースにする方法です。2つめは、屋根の棟を上げて新たに屋根をかける方法です。カーペットなど、丈の長いものを収納できます。3つめは、屋根の形を変え、大きな部屋を増築する方法です。大型家具などを置ける納戸のほか、書斎などにも利用できます。2つめ、3つめの方法は天井高1.4m以下で設置階の床面積の1/2未満で設計すれば床面積に算入されません(自治体によっては算入する場合もありますので、事前に確認してください)。

また、地下の有効利用も考えられます。開口部のない地下室は年間を通して温度変化が少なく、断熱性に優れているので、衣類のほか、ワイン、ビール、保存商品などの収納スペースとしておすすめです。いずれの場合もリフォーム会社と、よく相談して決めてください。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ