1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 増築・改築リフォーム
  4. 増築・改築リフォームの基礎知識
  5. 基礎はブロックで大丈夫ですか?

基礎はブロックで大丈夫ですか?

  • 最終更新日:2019-08-02

基礎はブロックで大丈夫ですか?

ホームプロに寄せられた「その他」に関するリフォーム相談の中から、『基礎はブロックで大丈夫ですか?』の質問と回答をご紹介します。
店舗付住宅の店舗部分を改築し、玄関と1部屋を作っているのですが、基礎部分がコンクリートではなく、ブロックだったのですが、強度など大丈夫なのでしょうか?

お客さまのお宅の状況が詳しくわかりませんが、基礎について建築基準法では以下のように規定されており、布基礎かべた基礎にしなくてはいけません。ブロック造での基礎は認められていません。(平成12年に改訂されています)



施工業者に十分ご確認をしていただいて施工を進めていただくことをお勧めします。



わかりずらいかもしれませんが条文を添付いたします。



●建築基準法施行令第38条(基礎)



建築物の基礎は、建築物に作用する荷重及び外力を安全に地盤に伝え、かつ、地盤の沈下又は変形に対して構造耐力上安全なものとしなければならない。



3)建築物の基礎の構造は、建築物の構造、形態及び地盤の状況を考慮して国土交通大臣が定めた構造方法(★1)を用いるものとしなければならない。



(★1)国土交通大臣が定めた構造方法



●建設省告示第1347号(平成12年5月23日)

建築物の基礎の構造方法及び構造計算の基準を定める件



20kN/m2未満の場合にあっては基礎ぐいを用いた構造と、

20kN/m2以上30kN/m2未満の場合にあっては基礎ぐいを用いた構造又はべた基礎と、

30kN/m2以上の場合にあっては基礎ぐいを用いた構造、べた基礎又は布基礎としなければならない



※KN/m2とは、基礎にかかる荷重の大きさを表します。



3)建築物の基礎をべた基礎とする場合にあっては、次に定めるところによらなければならない。



一一体の鉄筋コンクリート造とすること。ただし、地盤の長期に生ずる力に対する許容応力度が70kN/m2以上であって、かつ、密実な砂質地盤その他著しい不同沈下等の生ずるおそれのない地盤にあり、基礎に損傷を生ずるおそれのない場合にあっては、無筋コンクリート造とすることができる。



4)建築物の基礎を布基礎とする場合にあっては、次に定めるところによらなければならない。



一前項各号(第五号ハを除く。)の規定によること。ただし、根入れの深さにあっては24cm以上と、底盤の厚さにあっては15cm以上としなければならない。

(2003.06.04)

※法律問題や税務問題は、事実関係の違いによって結論が異なる場合があります。また、同一の事実関係であっても異なった結論が出る場合も多くあります。「リフォーム相談室Q&A集」で示しております回答は一般的な回答にとどまるものであり、具体的な問題についての責任ある回答を示すものではないことにご注意ください。具体的な事案につきましては、必ず弁護士や税理士などの専門家に相談されることをお勧めいたします。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ