1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 耐震
  4. DIY(セルフリフォーム)
  5. 自分で出来る耐震補強対策とは

自分で出来る耐震補強対策とは

  • 最終更新日:2015-10-02

自分で出来る耐震補強対策とは

地震は怖いけど、建築士に頼んで耐震診断や耐震補強するようなお金はない。そんな場合はどうしたら良いのでしょうか。実際、業者に耐震補強を依頼すると、総額で数百万以上かかることも少なくなく、そう簡単に決断できるものではありません。今回は、そんな方にも手軽にできる地震対策についてご紹介します。

日曜大工で耐震リフォームは出来るのか

日曜大工で耐震リフォームは出来るのか

耐震補強工事は、極めて高度な技術と経験が必要ですので、原則的には専門業者に依頼するのに越したことはありません。それを大前提として考えていただき、それでも自分でできるところまでやりたい、という方向けに解説します。

その1:大きな失敗をしないこと まず自分でリフォームする際の一番のポイントは、「大きな失敗をしない」ということです。業者に依頼する場合もそうですが、耐震補強において非常にコストがかかる部分は「現状復帰」です。つまり、壁などを破壊して新しい強化壁を取り付けたあと、元に戻すための費用が最も高いのです。ご自身でリフォームをする場合、大掛かりなことをして万が一失敗すると、業者に依頼する以上に多額の費用がかかる可能性があります。ですから、そのような「大きな失敗」をしないよう、低リスクでできることを選んで行うことが重要です。

その2:基本は既存設備の点検と補修 建物に何かを追加して取り付ける補強法は、それなりの技術が必要ですから、日曜大工ではお勧めできません。それよりも、既存設置されているものが正しく機能しているかの点検と、補修が重要となります。ご自身で耐震補強する際に最もオススメなのは「ナット」です。建物の構造にもよりますが、木造住宅の場合、さまざまなつなぎ目に「ナット」が使用されています。そして、そのナットは時間の経過とともに徐々に緩んできますので、きちんと締めるだけでも耐震補強になります。

金具を使った耐震補強DIYについて

金具を使った耐震補強DIYについて

DIYが可能な耐震補強の代表例が「金具」を使った補強です。木造住宅の場合は、木材などの接合部分に金具が使用されています。 この金具が緩んでいたり、劣化していたりすると大地震が発生した際に建物の強度を維持できません。まずは緩んでいる金具を締め直すとともに、劣化している部分については新たな金具を追加して補強しましょう。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ