1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. マンションリフォーム
  4. コラム
  5. DIY!マンションのベランダを素敵なウッドデッキにする方法

DIY!マンションのベランダを素敵なウッドデッキにする方法

DIY!マンションのベランダを素敵なウッドデッキにする方法

ベランダを有効に活用する手段として、DIYでのウッドデッキの設置Dついて紹介します。難しそうに感じるかもしれませんが、しっかりと計画して順を追って取り組めば製作可能ですので、ベランダの活用にお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

ウッドデッキの魅力

ウッドデッキの魅力は、なんといってもコンクリートにはない優しい雰囲気をもっていることで、木独特のぬくもりと柔らかい光の反射がその場にいる人にやすらぎを与えてくれます。また、木にはフィトンチッドという成分が心地よい香りを生み出し、気持ちを癒やしてリラックスさせる効果があります。

木に囲まれたベランダは食事や晩酌などさまざまなことに適しており、貴重なリラックススペースとなることでしょう。
ベランダは我が家から一番近い自然であり、四季の移ろいを感じされてくれるリビングの延長と呼べる場所です。
だからこそ、ベランダを安全で自然あふれるウッドデッキにして、家族やペットが安心して満喫できる場所にしましょう。

ウッドデッキを作る方法

mansion_0205_3
ウッドデッキの出来上がりの写真を見ると、DIYに慣れていない方だと本当に作れるのかと少し尻込みしてしまうかもしれません。しかし、作り方の流れをきちんと把握して順を追って作業を進めていけば作ることは可能です。作業工程としては、企画→設計→準備→施工という形で進めます。

企画

製作にあたって、どういうウッドデッキにしたいのか、自分の技術でどこまでできるか、どういう作り方にするかといったイメージを固めます。雑誌などの写真を見てイメージを固めつつ実用性を備えたものにするため、まずは自分がやりたいことを列挙してみましょう。それに優先順位をつけ、どういう工法があるかを研究し、自分の技術力と照らしあわせてみて実際にできそうなことを実行することにします。また、働きながらだと製作にとれる時間は短く、作業がなかなか進まなくてストレスを感じてしまいますので、大雑把でもいいので無理のない製作日程を立てておくと安心して取り組めるでしょう。

設計

企画が決まったら、設計図を作成します。設計図を作っておくことで、どの作業からすればよいかといった細かいイメージをしたり、材料の試算ができます。また、構造物間の干渉も検討できるので、作業に取り掛かってから重大な障害に出くわすといったことがなくなるでしょう。設計図はあまり大雑把すぎると誤差が大きなって予定の変更を余儀なくされることもあるので、可能な限り丁寧に書いてください。

準備

設計図ができたら、材料や工具の調達をします。工具や材料は計画によって必要なものが違ってくるので、人によって必須なものが変わってきます。大きなホームセンターなどに行くとさまざまな商品が置いてあり判断に悩むでしょうから、店員さんからアドバイスをもらい慎重に選んでください。

施工

準備が完了したらいよいよ施工です。
まずは土台部分となる根太を設置する作業ですが、ここがうまくいかないとすべてがうまくいきません。ガタガタにならないよう水平を保つことが必須となりますが、ベランダには水はけをよくするための勾配があるので、ゴムシートや支持脚を用いて調整してください。

根太の設置が完了したら床板を貼り付けます。ここで大事なことは水はけや通気性を良くすることなので、床板の間隔を3~5mm開けて設置してください。床材の設置が完了したら完成となります。

mansion_0205_2
これらの過程を経てウッドデッキは完成しますが、DIYに不慣れな方にとってはけっして簡単な作業ではないので、焦らずにじっくりと取り組んでください。

また、どうしてもウッドデッキにしたいけど、ベランダの環境が複雑で自分の技術力では難しいとか、自分で製作する時間がとれないという方は、専門業者に相談してみるといいでしょう。

素敵なベランダにして、より充実したマンションライフにしてください。

マンションリフォーム
カテゴリ一覧

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ