1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. キッチンのリフォーム
  4. コラム・ニュース
  5. キッチンの照明計画

キッチンの照明計画

  • 最終更新日:2021-04-09

キッチンの照明計画

今回の「照明計画その1」ではキッチンの照明計画についてご紹介したいと思います。

たまる きょうこ

たまる きょうこ

キッチンスペシャリスト
リフォームアドバイザーとして5年間で200件以上のリフォームを手がける。
現在は1児の母としてキッチンに立つ毎日。
リフォームアドバイザーとしての豊富な経験とキッチン利用者としての主婦の両方の目線から今回のコラムを執筆。

先日、テレビを見ていたら、春には「ソファ」がよく売れるということを言ってました。
春だから?お部屋の模様替えをしたくなるのかもしれませんね。
そういえば、リフォーム営業をしていたときに、よく売れる「色」が季節によって変わったことを思い出します。
春はパステル、夏は原色や寒色、秋、冬は暖色です。温度と色が関係するからでしょうね。

実は照明の色も温度と関係するんですよ。
よく使われる蛍光灯(青白い光)は冷たく、白熱灯(黄色い光)は暖かく感じます。
た、この色はお料理にも深いかかわりがあります。
どちらの光のほうが美味しく見えると思いますか?
これは、黄色い光の白熱灯などです。
ちなみに一番美味しく見えるのは、ろうそくの光だそうです。
雰囲気がいいから?

私の家のダイニングにはもちろん、黄色い光(蛍光灯だけど、黄色い光のものがあります。)を使用してます。
少しでも誤魔化しが効くかなって思って。。。
じゃあ、キッチンではどうなんでしょうね。
実は効率よくキッチンで動くには照明も大切なポイントなんですよ。

今回の「照明計画その1」ではキッチンの照明計画についてご紹介したいと思います。

照明は主に、照度の大小を問題とする効率的な側面と、雰囲気やデザインを楽しむ美的な側面とがありますね。

キッチンの場合は、たいてい効率面を中心に計画していきます。
調理作業が安全に能率的に行えることに配慮しますので、デザインは後回しといったところでしょうか。
ですが、キッチン部分がダイニングやリビングから見える場合は、照明によって、つながっている部屋の雰囲気を壊さないように、配慮が必要になります。

基本的にはダイニングやリビングからキッチンが見える、見えないにかかわらず、次の点に配慮すると良いですよ。

キッチンの照明計画のポイント

  1. 部屋全体を照らす全体照明と作業中に手元を照らす部分照明を設置する
  2. 部分照明は、主にシンクの上を照らす手元灯と加熱作業中にコンロの上を照らす照明を設置する
  3. 照明器具が汚れやすいので、シンプルで掃除しやすい形状のものを選択するように心がける
  4. 光源が直接目に入らないように設置する

コンロの上を照らす照明は、レンジフードに設置されてるケースが多い

キッチンのシンクとコンロの上を照らす照明 キッチンのレンジフードに設置されている照明
シンクの上とコンロの上を照らしています レンジフードに設置されている照明例

また、キッチンと食卓まわりとに極端に明るさに差があると目が疲れたりするので、気をつけてくださいね。

次回はダイニングやリビングから見えるキッチンの場合をご紹介します。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

90万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ