1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. キッチンのリフォーム
  4. キッチンリフォームの基礎知識
  5. ガスコンロまわりの収納をリフォームする際のポイント

ガスコンロまわりの収納をリフォームする際のポイント

  • 最終更新日:2016-03-27

ガスコンロまわりの収納をリフォームする際のポイント

ガスコンロ下のビルトインオーブンを使用していない場合、収納に変えることが可能です。 コンロ周りに吊す収納は、便利ですが安全面には十分注意しましょう。鍋類は重ねずに収納することがポイントです。

ガスコンロ下をリフォームして収納に

pixta_7138618_M
キッチンはこまごまとした雑貨が多いので、収納スペースは無駄なく活用したいものです。

ガスコンロの下にとりあえずビルトインオーブンを設置したものの、ほとんど使用していないという場合は、収納にリフォームしてはいかがですか。ガスコンロのリフォームの際にオーブン部分を撤去して、キャビネットの扉を設置することができます。

収納は確保したいけれど、オーブン機能を完全に手放すのが惜しいという方には、ダッチオーブン対応のコンロがおすすめです。近年のガスコンロはグリル機能が充実しており、グリルプレートなどを使用して手軽にオーブン料理を楽しむことができる機種も増えています。

ガスコンロ上収納をDIYリフォームする際の注意点

pixta_8048697_M
ガスコンロの上スペースを、DIYで「吊す収納」として活用している方も多いでしょう。
雑誌などでもおしゃれな収納法として紹介されていることも多く、調理中にサッと使える便利さも魅力です。

しかし安全面を考えると、コンロ周りでの吊す収納はあまりおすすめできません。

鍋やフライパンなど、重い物が落下してコンロのガラストップが割れるという事例があります。また、おたまやフライ返しのような比較的軽いものでも、調理中の鍋に落下するとヤケドや火事の原因にもなり大変危険です。吸盤フックなどは落下しやすいので注意しましょう。

ガスコンロ周りの収納を使いやすくリフォームするコツ

Pots and pans
収納の基本は、その付近で使用するものをまとめてしまうことです。ガスコンロ周りには、鍋やフライパン、ヤカンなどを収納すると便利です。

また、重ねて置いてしまうと下のものを出すことが面倒で、つい上のものばかりを使ってしまいます。収納されている物がひと目で把握でき、どれもすぐに取り出せる状態が理想的です。鍋類のサイズに合わせて高さを変えることができる可動式の棚や、立てて並べる収納も使いやすいでしょう。

また、ガスコンロ下にはガスのパイプや元栓、分岐栓があります。見えないよう造作されている場合でも、簡単に外せる点検口が設置されているはずです。DIYで棚などを設置する際にも、ガス栓周りはすぐに確認できる状態にしておいてください。

ガスコンロ周りのリフォームをお考えなら、ホームプロへご相談してみてはいかがですか。1,200社以上が加盟しているので、信頼できる業者がきっと見つかるはずです。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ