1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. キッチンのリフォーム
  4. キッチンリフォームの基礎知識
  5. オール電化リフォームする時のコンロの選択は?IHかガス併用か

オール電化リフォームする時のコンロの選択は?IHかガス併用か

オール電化リフォームする時のコンロの選択は?IHかガス併用か

最近ではお手入れが楽でスタイリッシュなIHコンロが増えてきましたが、火力が目で見て分かりやすいガスコンロも根強い人気を誇っています。今回は、住まいをオール電化にするときのコンロの選択方法について言及しています。

IHコンロVSガスコンロ徹底比較

pixta_10114794_M
キッチン調理の要となるコンロ選びは慎重に行いたいですよね。IHコンロとガスコンロ、どちらにしようか迷っている方のために、特徴やメリットをまとめてみました。

IHコンロのメリット・デメリット
〈メリット〉
・火を扱わない分ガスより安全性が高く安心
・フラットだからお手入れがラク
・立ち上がりが早く火力が強い
〈デメリット〉
・IHプレート面に接していないと熱が伝わらないため、鍋を振ったり傾けたりできない
・停電時に利用できない
・調理器具がIH専用のものに限定されてしまう

ガスコンロのメリット・デメリット
〈メリット〉
・調理器具の自由度が高い
・停電時でも利用可能
・火を使うため分かりやすく微調整がしやすい
〈デメリット〉
・火を扱うため子どもや高齢者がいる家庭は注意が必要
・掃除に手間がかかる
・夏場は温度が上昇し調理場が暑くなる

オール電化でもガスコンロにしたい場合

pixta_13039347_M
住まいの機器のすべてを電気でまかなうオール電化を選ぶ人の大半は、IHコンロを選択するでしょう。なぜならガス代が全くかからない上に、オール電化向けのお得な料金設定があり光熱費が抑えることできるからです。しかし長年ガスで調理し続けてきて、料理は火を使ってしたいというこだわりを持つ人が、オール電化だけどコンロだけはガスにしたいと希望するケースもあります。では、オール電化の家庭がガスコンロを使用すると月々の電気代がかなり割高になるのかというと、それは使い方次第といえます。お得なオール電化の料金プランというのは、深夜時間帯の電気代が一番安くなるように設定されているので、夜間にまとめて家事をするとかなり光熱費を抑えられます。しかし、日中の電気代はガス代よりも割高となり、IHコンロを日中に使用した時の電気代は深夜に使用するのと比べて約3倍にもなります。ガスなら時間帯によってガス代が変動することがないため、時間を気にせず好きな時に料理ができる点がガスコンロのメリットといえるでしょう。ただしガスコンロにするとガスの基本料金が毎月必ずかかってくるので注意してください。

オール電化にリフォームしたら災害時常備しておきたいカセットコンロ

pixta_5990358_M
2011年に起きた東日本大震災のような巨大地震が起こったときに、計画停電が実施されるとキッチンが機能しなくなるのではないかと、オール電化の導入を躊躇する人もいるかと思います。そんな時に役に立つのがカセットコンロです。代表的なカセットコンロメーカーのイワタニのカセットコンロを例にとると、ボンベ1本で約4000kWのハイパワーが利用できます。電気の供給が止まってしまったいざという時に、懐中電灯や携帯ラジオとともに常備しておいたら安心ですね。

自宅をオール電化にリフォームしたいなら、一度ホームプロにご相談ください。ホームページには様々なリフォーム実例が掲載されていますので、そちらもぜひご覧ください。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ