1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. キッチンのリフォーム
  4. キッチンリフォームの基礎知識
  5. キッチンのホーローをリフォームするには

キッチンのホーローをリフォームするには

  • 最終更新日:2016-03-26

キッチンのホーローをリフォームするには

今話題のホーローキッチンとステンレスのキッチンについて、使い勝手やメリットとデメリットについて解説していきます。ホーローとステンレスで迷っている方はメリットデメリットを踏まえた上で、検討してみてください。

キッチンのホーローとステンレスを比較

Fotolia_93896353_Subscription_Monthly_M
キッチンの材質を選ぶ時にステンレスかホーローか悩む人も多いのではないでしょうか。それぞれにメリットデメリットがあり、判断に迷うものです。それぞれを比較していきたいと思います。まずはホーローから。ホーローは表面がガラスですが多くの金属も含まれています。ガラスということもあって耐食性や耐熱性に優れているという特徴があります。

これに対してステンレスは特殊鋼という分類の金属でさびにくく、ホーローと同じく耐食性と耐熱性に優れています。効果を見ると一見同じですが、ホーローはガラスなので強度には弱く扱いには注意が必要です。これに対してステンレスは衝撃に強いという特徴がある点が二つを比較した時に大きな違いと言えます。

ホーローキッチンの使い勝手

pixta_18901648_M
ステンレスと同様人気が高いホーローのキッチンですが、次は気になる使い勝手について説明します。ホーローの使い勝手の良さと言えば、油汚れをさっと拭くだけでキレイになるということが挙げられます。毎日のお手入れが楽にできるというのは料理をする人にとって大きなメリットといえるのではないのでしょうか。

熱に強く油汚れの掃除が楽なので注目を集めています。「ホーローシステムキッチンへのリフォーム」(https://www.homepro.jp/jirei/B68707.html)では実際にホーローのシステムキッチンにリフォームした事例を紹介しています。

ホーローキッチンのデメリット

pixta_13735792_M
ホーローですがデメリットもあります。しかしキッチンをリフォームする時にはその両側面を知った上で選びたいものですよね。ホーローは熱に強くお掃除が楽というのに対して、強い力に弱いため扱いが難しいという点です。

鍋や食器を置いた時の摩擦で細かい傷が入ってしまうこともしばしば起こりえます。デザインの種類が豊富ではないので、選びにくいという点も挙げられます。また予算で見た時に多少価格が高いという点もデメリットの一つと言えます。

いかがでしたか。主流のシステムキッチンにするか、憧れのホーローキッチンにするかは悩む所なのでは。「住まいの建材・設備情報」https://www.homepro.jp/setsubi/takara/match.htmlではホーローキッチンの性能の紹介もしています。こちらも合わせてチェックしてみてくださいね。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ