1. 水回りのリフォーム費用

水回りのリフォーム費用

水回りのリフォーム費用

いざ「リフォームをしよう」と思い立っても、費用やデザイン・機能などで悩んでしまうこともあります。特に出来上がった間取りで使っているマンションでは、絶対に後悔したくないエリアです。リフォームのポイントと費用をしっかりおさえておきましょう。

マンション水回りリフォーム。気になる相場と費用は?

マンション水回りリフォーム。気になる相場と費用は?

リフォームしたいと思った際に、多くの方が気になるのは費用面でしょう。しかしリフォームには定価がありません。まずは気になる相場と平均的な費用をチェックしてみましょう。
トイレや洗面台の小スペース空間では、50万円程度まで。バスルームやキッチンの大スペース空間では、50万円~100万円が相場になっています。もちろん構造やリフォーム後のイメージにより、金額は大きく変わります。

洗面台リフォームのポイントと費用をチェックしてみましょう

洗面台リフォームのポイントと費用をチェックしてみましょう

洗面台をつい浴室の付属と考えていないでしょうか。洗面台は洗顔、歯磨き、手洗い、ヘアセットと毎日家族全員が使う多機能ルームなのです。
洗面台のチェックポイントとして、もっとも大切なのは「高さ」です。低すぎると体をかがめる必要があるので、腰への負担が大きくなります。しかし高くし過ぎると、顔を洗った時に水が肘の方まで流れて、周りが水浸しになってしまいます。また、形や見た目だけで選んでしまうと、水栓金具と洗顔器の高さが合わずに日常の使用に支障が出てしまいます。
その為、リフォームの時には使用目的(洗顔用なのか手洗い用なのか)と理想のデザインをリフォーム会社へしっかり説明をしながら決めると良いでしょう。
あまり高機能な洗面台を希望しないのであれば、シンプルでリーズナブルな洗面台が4万~5万円から用意されています。リフォーム費用は、本体価格+数万円(電気工事や廃材処分費含む)程度のため、リフォームしやすい場所でもあります。

次にバス・トイレのリフォームポイントと費用をチェックしてみましょう

次にバス・トイレのリフォームポイントと費用をチェックしてみましょう

今の浴室は、身体を洗うためだけの場所ではなくなりつつあります。疲れた身体をゆっくり休め、美容や健康のための時間を過ごすこともあります。
当然ながら浴室では水と石鹸類で滑りやすいため、滑り防止が重要となります。不要な床の段差は無くし、滑りにくい素材を選びましょう。そして水分によるカビの発生はお掃除の悩みの種になります。
カビを発生させないポイントはとにかく徹底的な乾燥です。
浴室リフォーム費用は、配管も変えるのか、乾燥機能や床の張替などをするのか。内容によって大きく異なります。そのため本体料金+数万~数十万円(配管整備や浴室ユニットの交換)、50万円前後~となります。

トイレは、一日数回使う非常に頻度の高い水回りです。それだけに湿度が高くデザインより機能が重視されます。壁には調湿や消臭機能がある壁材を、床は掃除がしやすく耐アンモニア性もある床材を選ぶなど気持ちのいいトイレにしましょう。
トイレのリフォームでも、便座本体にグレードがあるため選ぶものによっては浴室リフォーム等と同額程度になる場合もあります。そのため本体料金+数万~数十万円(床の張替や収納拡大)、手ごろな本体は3万円前後から用意されています。

激安・格安での風呂リフォームは、何にどれくらいの費用がかかるのか、何に注意しなくてはいけないかを事前に把握することが重要です。
ホームプロで経験豊富なリフォーム会社に相談してみませんか。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ