1. より安くお風呂のリフォームを行うためには

より安くお風呂のリフォームを行うためには

より安くお風呂のリフォームを行うためには

ユニットバスをリフォームすることで、毎日のリフレッシュ時間をより快適なものにすることができます。しかし、心配なのはどのくらいの費用がかかるのかと工事にかかる日数でしょう。価格を抑えながら、よりよいリフォームを行うためのヒントについて、紹介します。

ユニットバスのリフォームの概要

ユニットバス リフォーム

ユニットバスとは工場で天井や浴槽、床や壁などのパーツを作成しておき、それらを現場で組み立てて作るバスルームのことを表しています。
従来までのように防水工事やタイル張りを現地で新しく施工してきた在来工法と比較すると、人件費を抑えることができるだけでなく工期も短く早く仕上げることができます。
また工場で事前にパーツを作っているということで、仕上がりや品質などにばらつきが出ません。
そのため、ユニットバスへのリフォームは比較的低価格で行うことができます。

ユニットバスにリフォームすることで、水漏れのリスクを軽減することが出来たり、つなぎ目があまりないデザインのものなど各社掃除のしやすいデザインで作られていたりと、様々なメリットがあります。
気になる工事期間もユニットバスは組み立ての作業が大半なので、工期は短く通常3~5日で仕上がります。そのため、家に住みながら工事をすることも可能です。

マンションでのお風呂のリフォームについて

マンションでのお風呂のリフォームについて

マンションでユニットバスのリフォームを行う際、最も気を付けなければならないことは換気設備と給排水の設備は動かすことができないということです。また、管理会社との調整や近隣住宅への対策が必要になります。
では、ユニットバスのリフォームを格安で行うためには、どうすればよいのでしょうか。
まずはいくつかの業者に見積もりに実際に来てもらい、各業者で競合をしてもらいましょう。良心的で安心のできる業者は、費用を少しでも抑えるために廃盤になる形のユニットバスを使用し、様々なオプションとなる棚などの設置を省くなど工夫をしてくれます。
養生にかかる費用も、室内の養生だけでなく戸建では不要の共用部分の養生費もかかってきますので、業者としっかり話し合ってトラブルのないように気をつけましょう。

ユニットバスのリフォーム事例

ユニットバスのリフォーム事例

事例1
昔ながらのタイルの床のお風呂は、冬場足元が冷えており温まるために入るお風呂なのに、寒いと感じてしまうということがよくありました。そこで、タイル床だった古いお風呂からユニットバスへリフォームを行いました。
施工前と施工後とでは見違えるほどの仕上がりとなり工期はたったの7日でした。
この工事にかかった費用は約170万円ほどです。

事例2
築40年の古い賃貸建物の中に設置されたお風呂は、全体的に劣化が進んでいました。そのため、ユニットバス工事と給湯器の工事を行いました。
賃貸ということでリフォーム費用を抑えるためにサイズの小さい浴槽を使用したことなどにより、工事費用は約110万円で工期は7日間で完成することができました。

このように、長年悩んでいたお風呂の悩みがリフォームをすることで解決することができるのです。是非、前向きにユニットバスへのリフォームを検討してみてはどうでしょうか。出来る限りの低価格でユニットバスのリフォームの実現を叶えましょう。

激安・格安での風呂リフォームは、何にどれくらいの費用がかかるのか、何に注意しなくてはいけないかを事前に把握することが重要です。
ホームプロで経験豊富なリフォーム会社に相談してみませんか。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ