1. ホーム
  2. 屋根塗装、葺き替えリフォーム
  3. 事例
  4. 事例詳細
事例一覧へ戻る

台風被害。屋根の補修工事(ガルバリウム鋼板カバー工法)

台風被害。屋根の補修工事(ガルバリウム鋼板カバー工法)
建物のタイプ 戸建住宅
価格 165万円(単独工事をする場合の概算です)
築年数 26〜30年
工期(全体) 10日
面積 152.00m²
その他採用機器・設備 なし
施工地 千葉県 佐倉市
家族構成 夫婦、子供1人

詳細情報:

[テーマ] 断熱・気密 、 防水・雨漏り対策 / 工事種別:重ね葺き(カバー工法) / 商品名:横暖ルーフ / 屋根素材:金属 / 塗料種別:指定なし / その他採用機器・設備:なし

お客さまのご要望

台風の屋根被害で雨漏れが発生し、2階の部屋に多量の雨水が侵入したので屋根と合わせて室内の木部なども点検して欲しい。その上でどのような修理方法が良いのか検討・提案して欲しい。
予算によっては外壁塗装と白アリの防蟻処理工事、内部クロス工事も検討したいので見積もりをお願いします。
また火災保険を申請したいので、見積書と提出用の写真を準備していただきたいが可能か?

リフォーム会社のご提案

築年数からしても部分的な補修はお奨め出来ません。
今回部分的な補修をしても台風のたびに同じような被害が出ないとも限らないからです。
今回は屋根全体を軽量ガルバリウムの瓦でのカバー工法をお奨めします。
断熱材入りのガルバリウム鋼板瓦は断熱性に優れ、夏場の温度上昇を抑制します。また冬は断熱効果で暖かく過ごせます。
さらに金属瓦同士の結合によって台風などの強風で瓦が剥がれるなんてこともありません。
火災保険用の写真はこちらで用意しますのでお任せ下さい。

Before

Before

コロニアルの一部が強風でめくれ上がり、ルーフィングシートまで剥がれてしまったので雨漏れに至ったようです。
緑のテープは前日にいらした業者さんの養生の残骸です。(風の強い地域のようで1日で剥がれてしまったそうです)

After

After

断熱材入りのガルバリウム鋼板瓦で葺き上げました。
遮熱・断熱に加え高耐久なので、20~30年は安心です。

このようなリフォームを実現できる
お近くのリフォーム会社を、複数社ご紹介!

この事例と同じ条件を指定した状態でリフォーム会社紹介にお申込みいただけます。

よく似た事例

最近見た事例

予算や条件など、ご要望にぴったりの
リフォーム会社を最大8社ご紹介します。

今お考えのリフォームの詳しい条件をご登録いただくと、イメージにあった会社をご紹介しやすくなります。

事例一覧へ戻る

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ