1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 外壁塗装・外壁工事のリフォーム
  4. 外壁リフォームの基礎知識
  5. 外壁の手抜き工事はなぜ起こる?その原因と対策

外壁の手抜き工事はなぜ起こる?その原因と対策

  • 最終更新日:2017-09-08

外壁の手抜き工事はなぜ起こる?その原因と対策

外壁工事を依頼したら手抜き工事で大変な目に遭った……という話は、テレビの情報番組などで時々取り上げられています。見た目には手抜きかどうかはわかりづらいため、数年後に発覚することもあるのだとか。手抜き工事にはどんな事例があるのでしょう? それを防ぐことはできるの? 不動産コンサルタントの長嶋修さんに詳しいお話を聞いてみました。

手抜き工事の多くは「塗装の不正」

外壁工事の多くは、その塗り替えが一般的。一戸建ての場合、最初の修繕は家を建ててから15~20年目に行います。

「外壁塗装には、『モルタル』と『サイディング』の2種類があります。前者はセメントに砂を混ぜたもので、1回目の修繕では色のくすみをカバーするために、元ある壁の上から塗ることが多いですね。そして2回目の修繕時に、一度モルタルをすべてはがして塗り直します」(長嶋さん 以下同)

もう一方のサイディングは、サイディングボードと呼ばれる板を躯体(建築物の構造体)に貼り付けていくもの。現在はサイディングによる外壁仕上げが主流といわれています。

「サイディングはボードを貼り付けていくため、ボードとボードの間をゴム状のシーリング材で埋めていきます。年数が経つと、サイディングボードやつなぎ目のシーリング材が乾いてひび割れが起こってしまう。そのため、既存のサイディングボードを張り直したり、シーリング材をすべて撤去し、新しく注入し直したりします」

これらの修繕をきちんと行うことで、一般的にその外壁は30年ほどもつそう。

「ところが、既存の塗料を落とさずに上塗りだけしていたり、本来3回塗る塗料を1回だけにしたりすると、耐久性が大きく下がります。そのため、雨漏りや木材の腐敗につながってしまうのです」

手抜き工事の原因はコミュニケーション不足?

homepro_B03_02

依頼主が一般的な工法を理解していれば、そうそう手抜き工事は起こらない気がするけれど……外壁の手抜き工事はなぜ起こってしまうのでしょうか?

「考えられる大きな理由は、依頼主とリフォーム会社の意思疎通がきちんとできていないからです。施工会社の見積もりに対し、依頼主から『もう少し抑えてほしい』と要望があれば、施工会社としては引き受けたいからその予算内で収めようとする。ところが、その金額設定にやはり無理があり、材料費や人件費を考えると、工程を端折らないと帳尻が合わない。結果として手抜きになってしまうことがあります。本来なら、見積もりの段階で金額が少ない場合は、施工会社側が『これではこういうことしかできないですよ』と伝えるべきなのですが」

とはいえ、依頼主からすると、そもそも外壁工事の相場もよくわかりません。どうすれば適正価格を知ることができるのでしょう?

「できれば3社くらいから相見積もりを取りましょう。複数社に依頼をすると、金額の目安がわかってきます。もしA社が極端に安く、B社が高い場合、その金額の根拠を質問してみましょう。また、外壁工事では逐一、何をどこまで対応してくれるのかを確認した方が良い。このとき、優良なリフォーム会社なら丁寧に説明してくれますから」

工事後に手抜きが発覚! 救済策はあるの?

もし外壁塗装工事後に手抜きが判明した場合、救済策はあるのでしょうか。

「契約時にアフターサービスや保証期間があるかどうかを確認しておきましょう。それがあれば、保証期間内ならやり直してもらうことができます。ただ、請け負ったリフォーム会社が倒産してしまったら、その保証は受けられません。保証期間内に不具合があるかどうかを発見するには、年に一度、建物周りを第三者に点検してもらうのも一つの方法です」

長嶋さんによれば、「一戸建ての外壁工事は、敷地面積が30坪で約120万円~150万円はかかる」とのこと。

決して少なくない金額を無駄にしないためにも、契約時に金額や工事内容、その後のフォロー体制をしっかり確認しましょう。

(取材・文:南澤悠佳/ノオト)

homepro_B03_B10_profile【識者の紹介】さくら事務所 長嶋修 不動産コンサルタント。個人向け不動産コンサルティング会社「さくら事務所」会長。さまざまな活動を通じて、不動産に関する情報を発信する。著書に『不動産格差』(日本経済新聞出版社)など。

不動産コンサルタント 長嶋 修 公式サイト

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ