1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. マンションの大規模修繕
  4. マンション大規模修繕の基礎知識
  5. マンション大規模修繕、エレベータリフォーム

マンション大規模修繕、エレベータリフォーム

  • 最終更新日:2015-06-11
大規模修繕の前に知っておきたい「マンション大規模修繕 エレベータリフォーム」に関するノウハウを紹介します。

エレベータ故障の特徴

エレベータ故障は一般的に設置直後に多く、その後の一定期間は少なくなり、経年劣化が始まると再び故障が発生しやすくなるという特徴があります。つまり時間の経過とともに「初期故障期→安定期→摩耗故障期」という経緯をたどることになります。



エレベータの摩耗劣化は機械装置である限り避けることはできません。しかしエレベータが故障すると閉じ込めや振動、床面とカゴの段ずれなどを起こすなど、乗客を危険な状況にさらすことになりますので、多くの場合故障する前に部品交換を行う「予防保全方式」が採用するのが普通になっています。

エレベータの保守契約

保守契約には、二つのタイプがあります。

POG(Parts Oil and Grease)契約

日常の定期点検、清掃、注油、給油、測定、機器の劣化診断、ヒューズなど消耗品の交換などを委託する契約です。

フルメンテナンス契約

文字通りエレベータの運行に関わるすべてをカバーする契約で、電動機の整備、ロープの交換など、安全・機能・機能のすべてを委託することになります。

エレベータリフォームの種類

エレベータの所有者(管理組合)には、建築基準法の規定で1年に1回の定期の検査・報告が義務付けられていますが、エレベータの更新を義務付けてはいません。しかし安全性の確保、あるいはデザイン・機能等の陳腐化のために、エレベータをリフォームするケースがあります。リフォーム(リニューアル)の種類には次の4つがあります。

全撤去リフォーム(リニューアル)

工事期間が長くなるために、建物全体の大規模修繕リフォームとあわせて実施するケースが一般的です。

準撤去リフォーム(リニューアル)

建物の躯体に取り付けた機器はそのままにして工事を行うので、工事期間は比較的短期間で済みます。

制御リフォーム(リニューアル)

機械室内の機器の取り換えが中心です。

部分リフォーム(リニューアル)

カゴ内天井照明の取り換え、乗り場表示の取り換え、扉塗装などのリフォームが中心です。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

マンションの大規模修繕
カテゴリ一覧

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ