1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. マンションの大規模修繕
  4. マンション大規模修繕の基礎知識
  5. マンション大規模改修、共用部分リフォーム

マンション大規模改修、共用部分リフォーム

  • 最終更新日:2015-06-11
大規模修繕の前に知っておきたい「マンション大規模改修 共用部分リフォーム」に関するノウハウを紹介します。

共用部分リフォーム工事の留意点

共用部分のリフォーム工事は管理組合が工事発注者となります。またリフォーム工事は、住みながらの工事となりますので、住民の日常生活の妨げとなるような工事の進め方は極力避けなければなりません。施工業者の工事日程や工程を住民全体に周知するのはもちろん、場合によっては日程をずらすなどの配慮も必要な場合もあります。大規模修繕リフォーム工事で留意していきたいポイントは、以下のような点です。

住民にオープンな工事

「リフォーム計画→検討→周知→合意→リフォーム実施→確認・監査→報告」を徹底する

住民の日々の暮らしを阻害しない工事

  • 室外機の取り換えは夏場・冬場は避ける
  • 来客の多いシーズンは工事を避ける
  • 歩行通路の確保、資材置場の管理を徹底し事故を防ぐ

大規模修繕リフォームの進め方

管理組合はリフォーム工事の目的・内容をしっかり把握し、住民の理解を得ながらすすめることが大切です。以下に一般的なリフォーム工事の進め方を記します。

工事担当責任者を決める

理事会と連携する形で「修繕委員会」などを設置し、工事をすすめる。大規模修繕リフォームはコストがかさみ、工事期間も長期にわたる場合もありますから組織体制を固めておくことが欠かせません。

建物の現状チェック

建物劣化診断を行うとともに、あわせて各住戸に不具合アンケート調査などを実施することで、修繕リフォームの緊急度・リフォーム方法・概算費用などを検討し、劣化診断書としてまとめます。

修繕リフォーム内容の決定

劣化診断書を基に修繕計画案を作成し、総会で住民の承認をとります。

リフォーム施工業者の決定

相見積もりを取り、業者面談を通じて業者を決定するのが一般的です。住みながらの工事になりますから、見積金額だけではなく住民への配慮のある内容になっているかも大切なチェックポイントです。

工事開始

工事開始に当たっては、工事説明会を開催し、住民に工事中の注意事項の周知と協力を依頼します。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

マンションの大規模修繕
カテゴリ一覧

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ