1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 浴室・風呂のリフォーム
  4. メーカー別で見る浴室リフォーム
  5. 風呂(浴室・お風呂)の扉・ドア

風呂(浴室・お風呂)の扉・ドア

  • 最終更新日:2015-06-10

風呂(浴室・お風呂)の扉・ドア

「風呂(浴室・お風呂)の扉・ドア」をテーマとして、風呂(浴室・お風呂)のリフォームに関する基礎知識をご紹介しています。リフォーム会社選び実績No.1サイト「ホームプロ」が提供。

ドア形状の種類

引き戸

  • ふすまや障子戸のように、横へ平行に引く扉。
  • ドアの前後に空きスペースが不要なため、狭い浴室・脱衣所・脱衣スペースにも対応。
  • 引いた扉の引きこみスペースが左右どちらかに不可欠。
  • 万が一、入浴中の方が倒れた場合、その体がつかえて扉が開かないという心配がない。
  • ドア下のレール部分に汚れがたまりやすく、掃除が手間。

開き戸

  • 手前に引くか向こうに押す、いわゆる一般的なドア。
  • ドアの前後どちらかに扉の開き分のスペースが必要。
  • 扉の部分のみの工事で設置できるため、リフォームに際しては工事が簡単。
  • 開く方向が浴室側にある場合、万が一、入浴中の方が倒れた場合、その体がつかえてドアが開かない危険がある。
  • 脱衣所側に開く場合、ドアについた水滴などが脱衣所に落ちるため、その対策が必要。

折れ戸

  • 開き戸が中ほどで屏風型に折れる扉。
  • ドアの前後どちらかに扉の半分程度の開きスペースが必要。
  • 扉の部分のみの工事で設置できるため、リフォームに際しては工事が簡単。
  • 開き戸に比べて狭いスペースで開閉できるため、浴室の中に人が倒れていても開けられる場合が多い。
  • 中折れ部分が故障しやすいという評価が多く、その点の注意が必要。

材質の種類

ガラスドア

  • ファッショナブルで明るい浴室にできる。
  • 温度差で自動的に曇りガラスとなるなどプライバシーに配慮した製品も。
  • 強化ガラスなどが使われているものの、強い衝撃には割れる危険有り。
  • ほかのタイプに比べ、コストが悪い。ただし、システムバス採用なら規格タイプに収めれば総合的にはコストは抑えられる。

パネルドア

  • 木製パネル、樹脂系パネルなどのドア。
  • 耐衝撃性が高い。
  • 材料自体が安価のため、リフォームコストが良い。

サッシドア

  • 木製パネル、樹脂系パネルなどのドア。
  • 耐衝撃性が高く耐久性も高い。
  • 材料自体が安価のため、リフォームコストが良い。

ドアノブの種類

握り玉

回して開閉する一般的な丸いドアノブ。年配の方で握力が弱くなっている場合は開けにくい場合があります。

レバーノブ

主に下に向かって押すレバータイプ。握力の弱い方でも楽に開けることができます。

タオルかけ兼用タイプ

ドアの中ほどに、左右にタオル掛けバーを付けたタイプ。ロックは別にあり、扉開閉にのみバーを取っ手として使用。手すりの一つとして使うこともできます。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ