1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 浴室・風呂のリフォーム
  4. メーカー別で見る浴室リフォーム
  5. 浴槽・バスタブの種類と素材<比較・選び方>

浴槽・バスタブの種類と素材<比較・選び方>

浴槽・バスタブの種類と素材<比較・選び方>

「浴槽・バスタブの種類と素材<比較・選び方>」をテーマとして、風呂(浴室・お風呂)のリフォームに関する基礎知識をご紹介しています。リフォーム会社選び実績No.1サイト「ホームプロ」が提供。

浴槽のタイプ

和式

容積 長さ80~120cm
深さ45~65cm
説明 狭く深いのは、腰をおろした状態で肩までつかるという入浴姿勢に基づいているため。リフォームに際して設置スペースが広くとれない浴室には最適の浴槽です。

洋式

容積 長さ120~180cm
深さ45cm前後
説明 仰向けに寝た姿勢で入るために広く浅く作られたバスタブ。広い設置スペースが必要。介護が必要な方の入浴には介護がしやすい半面、滑りやすい・立ち上がりにくいなどの問題点があるため、手すりをつけるなどの配慮が必要です。

和洋折衷

容積 長さ110~160cm
深さ60cm程度まで
説明 和式・洋式の間をとった、座れば足を延ばせるサイズ。ユニットバスに使われる浴槽としては一番オーソドックスなタイプです。浴室リフォームの際にこの折衷型にするご家庭も増えています。

その他

説明 円形バスタブ、半円形バスタブなど、長方形以外のバスタブも最近はバリエーションが豊富になってきています。豪華感と角がないという安全性が注目されている理由です。

浴槽の素材

FRP(ガラス繊維強化プラスチック)

利点 保温性・耐久性・耐衝撃性が高く、肌ざわりにもぬくもり感がある。カラーバリエーションも豊富で価格も手ごろ。手入れは簡単。
注意点 汚れが目につきやすく、高温に弱いため空焚きには特に注意要。

ホーロー

利点 独特のなめらかな肌ざわりと美しい色合いが人気の理由。お手入れは比較的簡単。価格はFRP・ステンレス等より高め。
注意点 表面に傷がつくとサビの危険。保温性を高めるためには保温材のカバーが必要。鋳物ホーローの場合は重量があるため、リフォームで階上浴室とするには不適。

ステンレス

利点 高い耐久性と保温性が特長。傷やサビにも強く手入れも簡単、価格も手ごろ。
注意点 肌ざわりの金属感に抵抗のある方も。見た目が無機質なため、浴室リフォームで華やかさやぬくもり感を演出したい場合には不向き。

人造大理石

利点 商品バリエーションが多いため、サイズ・色合いの選択肢が多い。価格帯の広いため、予算に合わせての選択肢も広い。お手入れも簡単。
注意点 メーカー・商品によって品質に差異があるため、見極めが大事。なお、ポリ系はアクリル系より耐久性・耐衝撃性で若干劣る。

木製

利点 檜に代表される純和風イメージの浴槽。保温性・耐衝撃性が高く、木材独特の心地よい肌ざわりが人気の理由
注意点 木材の品質や材質によって耐久性などに大きな差異が生じる。

タイル

利点 形状がオーダーメイドできるため、個性的な風呂づくりには最適。
注意点 肌ざわりの冷たさ、目地の手入れのめんどうさが気になるタイプ。

浴槽の選び方

リフォームで新しい浴槽を選ぶ際には、下記の点をチェックしましょう。

◇浴槽を設置するためのスペースの広さの確認。
◇入りやすさ・出やすさに加え、すべる危険性の予測など安全性の検討。
◇肌ざわりなど材質感に対する感覚の好み。
◇階上に浴室を新設する場合には、水漏れ対策や荷重の確認。
◇リラックス空間としての視覚的(=デザイン・色彩)な快適さ。
◇予算面からの検討。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ