1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 古民家リフォーム
  4. 古民家リフォームの基礎知識
  5. 断熱リフォームで暑さや寒さにも対応できる家づくりを

断熱リフォームで暑さや寒さにも対応できる家づくりを

  • 最終更新日:2015-10-02

断熱リフォームで暑さや寒さにも対応できる家づくりを

古民家の特徴は、部屋の中に壁が少なく、ほぼ柱のみの部屋が多いことから、開放的な作りになっていることです。 その分、エアコンやストーブ等がなかなかきかず、夏は暑く、冬は寒いという点が課題となります。 それを回避するためにも古民家の断熱リフォームをしてみてはいかがでしょうか。

古民家の断熱は自分で行うこともできる

古民家の断熱は自分で行うこともできる

古民家の断熱方法は断熱材を使うことです。 断熱材を用意すればセルフリフォーム・DIYを行うことも可能です。古民家の天井はとても高く、風通しもよくなっており、素材も薄い場合がほとんどです。まずは天井裏に入り、断熱材を敷き詰める所から始めていきます。部屋が広い分、断熱材もかなりの量が必要になるだけでなく天井裏に入らなければならないので、作業も大変です。

この作業を行うことで、室温を上昇させることが確実にできるので、快適な部屋を作るためにも、必要な作業になります。 細かい部分では、障子の素材も断熱のものに変えることもおすすめです。

断熱材の種類について

断熱材の種類について

断熱材にはグラスウール、サーモウール、セルロースファイバー、スタイロフォームといった様々な種類があり、それぞれ特徴が違います。 どの断熱材もホームセンターなどで購入が可能です。

グラスウールは比較的安価ですが、水に濡れると断熱せず、吸水性もあるので結露の原因を引き起こすこともあります。 グラスウールは防湿・透湿素材と合わせて使用することが望ましいです。しかし、手順を間違えてしまうと、グラスウールが湿気をどんどん吸ってグラスウール内で結露をしはじめてしまうため、注意が必要です。

確実に断熱をしたい場合はプロに任せることも検討を

確実に断熱をしたい場合はプロに任せることも検討を

確実に断熱をしたい場合はリフォーム業者への依頼が一番です。 古民家を存続させるために古民家再生協会や古民家再生のための業者も全国各地にあります。 古民家のプロ達は「古民家で快適に生活をするためには、どのような断熱法がよいのか」という点もしっかりと把握しています。 夏は暑く、冬は寒いといった欠点を確実に解決するためには、業者に任せるのが最適な方法といえます。

古民家のリフォームは、やみくもに材料を入れ替えてしまっては古民家が持つ良さまで損なわれてしまいます。ホームプロでは古民家のリフォーム実績を持つリフォーム会社も加盟しています。お気軽にご相談ください。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ