1. モダンな中にも和の癒しあるLOHAS空間に
事例一覧へ戻る

モダンな中にも和の癒しあるLOHAS空間に

建物のタイプ マンション 価格 800万円
築年数 16〜20年 工期 2ヶ月
竣工年月日 構造 RC造
施工地 千葉県 船橋市 リフォーム箇所 リビング
家族構成 夫婦+子供2人

詳細情報

[テーマ]間取り変更・スケルトン 、 中古を買う 、 自然素材・木質感

お客さまのご要望

施主様の不満は、おおまかに以下の3点でした。
・キッチンが独立型で、奥まった場所にあるため暗くて閉鎖的だったこと
・居室はじゅうたん敷きで、好みに合わないうえ、ダニの発生など衛生面が気になった
・リビングに面する坪庭と、内装のテイストが合っておらず、庭の風情を生かしきれていないこと

これらを改善して、シンプルでモダンな家にすることがリフォームのテーマです。

リフォーム会社のご提案

マンション購入前から打ち合わせをさせていただき、施主様の条件に合うような物件をご紹介しました。「リフォームにかけるお金はここまで」と、きちんとした資金計画をお持ちでしたので、ご要望を叶えつつも、大幅な間取り変更をしないなどの工夫でご予算とのバランスをとることを心がけました。また、インテリアにこだわりをお持ちでしたので、好みのテイストに沿うような素材使いをご提案しました。
お子様が小さかったこともあり、ダニの発生などが気になるじゅうたん敷きから、無垢材の床に変更。リビングには無垢ウォールナット、寝室や子供部屋には無塗装の無垢パイン材を使用しています。全室の壁を珪藻土にし、アクセントに用いたグレーカラーの壁にはアッシュライトを使用しており、徹底して自然素材にこだわったお住まいとなりました。

Before

Before

全面リフォームを前提に、築16年のマンションを購入されました。購入の決め手の一つになったのは、マンションには珍しい坪庭。この坪庭の雰囲気を生かす内装、そして閉鎖的なキッチン、じゅうたん敷きの居室の床などが気になるポイントでした。

After

After

予算内に収めるため、大きな間取り変更はせず、内装仕上げ材やデザイン(テイスト)にこだわったリフォームを行いました。
暗かったキッチンは独立型から対面キッチンへと変え、リビングとのつながりが感じられるキッチンになりました。また、リビングに面した坪庭の風情を楽しめるよう畳コーナーを設けてモダンな室内と違和感なくマッチする和のしつらえを創出しました。各居室も部屋の広さと収納をバランスよく配置しています。

このリフォームの詳細をチェック!

リビング

リビング

独立型だったキッチンの壁を抜き、リビングダイニングと一体化させて約32平米の開放的な空間を実現。キッチンカウンターとダイニングテーブルをつなげて、配膳の手間がかからないようにしました。また、壁は珪藻土にして、健やかな空気環境を実現し、床材はおちついた色合いのウォールナットの無垢材を採用しています。インテリアとも色を揃えることで、品のあるモダンな室内に生まれ変わりました。

リノベーション
明るく広々
デザイン重視
詳しく見る
施工会社:株式会社OKUTA

このようなリフォームを実現できる
お近くのリフォーム会社を、複数社ご紹介!

この事例と同じ条件を指定した状態でリフォーム会社紹介にお申込みいただけます。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ