1. ホーム
  2. リフォーム事例
  3. アコーディオン雨戸が壊れたので電動窓シャッターに交換
事例一覧へ戻る

アコーディオン雨戸が壊れたので電動窓シャッターに交換

建物のタイプ 戸建住宅 価格 30万円
築年数 26〜30年 工期 1日
竣工年月日 2013年5月9日 構造 木造
施工地 神奈川県 横浜市港南区 リフォーム箇所 窓・サッシ
家族構成 不明

お客さまの声

25年前に取り付けたアコーディオン雨戸が壊れて
途中で動かなくなってしまった▼
寝室の巾2.7M高さ2Mのテラス窓で、
雨戸が閉まらないと防犯上とても不安である▼
また高齢なので、開け閉めが楽な雨戸にして欲しい。

リフォーム会社のご提案

最初に伺ったときは、古いアコーディオン雨戸
途中で動かなくなり、サッシが露出している状態。
私も何とか閉めようとしましたが、ビクともしません。
施主様はご自分で、サッシの内側に脚立を立てかけ、
臨時の防犯対策をされていました▼
現場の状況は
1.ボックススペース不足
2.既存雨戸のレールが埋まっている
3.取付面に段差がある
4.窓の巾が9尺で大きい
、というかなり厳しい状況でした▼
ただ、施主様は高齢のご婦人で、一人住まいで、
寝室には介護ベッド・・・。
「なんとしても電動窓シャッタ-を付ける」
という強い使命感を抱きました。▼幸いにも当社には、雨戸レールを撤去せずに取付できる「ヨコタテ」、ボックススペースが取れない時の「省スペースキット」があります。この二つを駆使し、何とか納めきる事ができました▼施工後、施主様の第一声は「これで安心して眠れます」でした。相当不安だったようです。また電動の開閉に「静かね」を連発され、リモコン操作の簡単さにも喜んでいただけました▼お客様のご不便を解決でき、更にあれほど喜んでいただき「良い仕事ができた」とこちらも嬉しくなりました。

このリフォームの詳細をチェック!

窓・サッシ

窓・サッシ

施工前: 既存アコーディオン雨戸が、途中で 止まって動かなくなりました。 また、向かって右側には、屋根のハリが付いているので、 窓シャッターのボックススペースが不足しており、 かなり施工には厳しい状況でした。

詳しく見る

最近見た事例

このようなリフォームを実現できる
お近くのリフォーム会社を、複数社ご紹介!

この事例と同じ条件を指定した状態でリフォーム会社紹介にお申込みいただけます。

事例一覧へ戻る

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ