1. ホーム
  2. トイレリフォーム
  3. 事例
  4. 事例詳細
事例一覧へ戻る

建物の形状に合わせデッドスペースを有効活用

建物の形状に合わせデッドスペースを有効活用
建物のタイプ 戸建住宅
価格 46万円(単独工事をする場合の概算です)
築年数 26〜30年
工期(全体) 1ヶ月
面積  
その他採用機器・設備 TOTO ピュアレストQR(タンク有)
LIXIL サティス Sタイプ(タンクレス)
施工地 大阪府 吹田市
家族構成 夫婦、子供2人

詳細情報:

その他採用機器・設備:TOTO ピュアレストQR(タンク有) LIXIL サティス Sタイプ(タンクレス)

リフォーム会社のご提案

リビングには床暖房・2重窓を新しく設置。寒い冬場も安心してお過ごしいただけます。
また洗面所、トイレは建物の形状でできた三角のデッドスペースを有効に活用。収納棚や、カウンターを取り付けることでちょっとした小物が置けます。
施主様ご要望のニッチを、キッチンスペースにあるアール壁に造作しました。サプライズで可愛いタイルを貼りつけよりおしゃれなこだわりのあるニッチに大変ご満足いただけました。
快適な空間に生まれ変わりました。

このようなリフォームを実現できる
お近くのリフォーム会社を、複数社ご紹介!

この事例と同じ条件を指定した状態でリフォーム会社紹介にお申込みいただけます。

よく似た事例

最近見た事例

予算や条件など、ご要望にぴったりの
リフォーム会社を最大8社ご紹介します。

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

事例一覧へ戻る

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ