1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 駐車場・ガレージのリフォーム
  4. 駐車場・ガレージリフォームの基礎知識
  5. ガレージ活用法あれこれ

ガレージ活用法あれこれ

  • 最終更新日:2015-06-10

ガレージ活用法あれこれ

「ガレージ活用法あれこれ」では、駐車場・ガレージのリフォームに関する基礎知識をご紹介しています。リフォーム会社選び実績No.1サイト「ホームプロ」が提供。

ガレージで趣味を楽しむ

ガレージや駐車場は、単に車を置いておくだけの場所だけでなく、もっと快適性・利便性を求めてもいいのではないでしょうか。特に独立型のガレージやシャッター付きのビルトインガレージは、趣味の空間として考えることができます。たとえば、ガレージの中で日曜大工を楽しんだり、楽器の練習をしたり、陶芸、クラフトなど趣味のスペースや教室として使っているご家庭もあります。住まいのリフォームと一緒に考えるなら、リビングとガレージの間をガラス張りにするなど、いつも愛車を眺められるガレージリビングというスタイルにしている方もいます。天然木だけでつくった独立型のウッディーガレージにすると、落ち着いたこだわり空間になるでしょう。

庭にガレージやカーポートをつくると、庭が狭くなると悩んでおられる方もいらっしゃるかもしれません。そんな方におすすめが屋上緑化です。独立型のガレージの上を屋上緑化にすれば、庭の代わりに使え、ガレージ内の室温を下げる効果も期待できます。ただし、土や水の重みに耐えられる構造にしておいてください。

ちょっとした工夫でオシャレなスペースに早変わり

そこまで本格的ではなくても、ちょっと工夫するだけで、オシャレで居心地の良いガレージ空間になります。

たとえば、天井や壁に間接照明を設置すれば、ほんのりと照らされる愛車を眺めることができます。壁面に写真やポスターを貼付け、飾り棚に小物を飾れば、自分だけの趣味の空間が出来あがります。また、音楽好きな方は防音仕様にして、ワイヤレススピーカーを設置し、いつも好きなBGMを楽しむなんてのもいいかもしれません。

また、工具などを収納できる棚板やカウンターテーブルやシンクなどがあれば、クルマのメンテナンスのほか、日曜大工なども楽しめます。ガレージ内には排煙がこもらないように、換気扇や網戸付き上げ下げ窓なども設置しておきましょう。

その他、エクステリアとしてはドアやシャッターにもこだわりたいものです。

ガレージドアには大きく分けて4種類あります。オーバーヘッドタイプは、扉を上下に開閉し天井に格納するタイプです。巻き上げタイプは、シャッターと同じように扉を巻き上げる形式です。横引きタイプには片引きと両引きがあり、いずれも上吊り式の扉を横に引いて開閉します。シャッターの種類には、断熱性の高い「スチールガレージシャッター」のほか、木でつくった「木製ガレージシャッター」などもあります。可動形式は手動式と電動式、電動リモコン式があり、電動リモコン式なら、雨の日や深夜でも、車から降りずに開閉できるので安全です。

いずれにしても、ガレージのエクステリア、インテリアにこだわるなら、住まいづくりのほか、車にも詳しいリフォーム会社を探して依頼するようにしましょう。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

駐車場・ガレージのリフォーム
カテゴリ一覧

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ