1. 戸建て住宅の床構造

戸建て住宅の床構造

戸建て住宅の床構造

「戸建て住宅の床構造」では、フローリング・床に関するリフォーム基礎知識をご紹介しています。リフォーム会社選び実績No.1サイト「ホームプロ」が提供。

束石、束柱、根太と組まれる床下の構造

木造の戸建て住宅の床構造は、一般的に1階の床は「束立て床」か「転ばし床」になります。

「束立て床」は、地面に束石(つかいし)という石を並べ、その上に短い束柱(つかばしら)を垂直に立てていきます。束柱を固定するために、根がらみぬきという板を柱の横に渡して取り付けます。そして、束柱の上には大引(おおびき)という横材を組み、その上に根太(ねだ)が組まれます。

「転ばし床」とは、土間の上に床下地材や床組材を置いて仕上げた床のことで、短工期・低コストでつくることができます。転ばし床のなかでも、最近では土間の上に防湿シートを置き、その上に鉄筋コンクリート製のスラブを設け、防湿性や防蟻性、耐久性や耐震性を高める工法も増えています。

フローリングの張り方は「根太貼り」と「捨て貼り」

戸建住宅のフローリングの張り方は、主に「根太貼り工法」「捨て貼り工法」の2種類があります。

「根太貼り工法」とは、根太の上に接着剤と釘でフローリングを張って仕上げる方法です。

「捨て貼り工法」とは、根太の上に合板などを下貼りし、その上にフローリングを施工する方法です。床の構造を安定させ、床下からの湿気を防止するために施工されます。

なお、重量鉄骨を柱や梁等の骨組みに使用するALC住宅の床は、直貼り工法になります。マンションと同じですので、マンションの構造をご覧ください。

工事の際は床下の点検を

フローリング工事の際は、床下の点検もしておきましょう。床のリフォームは、上から見えるフローリングの張替えも大切ですが、見えない床下が傷んでいる場合があります。特にたわむ、浮く、きしむなどの症状があれば早めにリフォーム会社に依頼しましょう。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄

広告

ページの
先頭へ