1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 省エネ住宅ポイント制度
  4. 成功のポイント
  5. 省エネ住宅ポイントの申請の流れ

省エネ住宅ポイントの申請の流れ

省エネ住宅ポイントの申請の流れ

「省エネ住宅ポイント制度の申請の流れ」では、申請の基本的な流れやポイントの申請期間など、省エネ住宅ポイント制度の申請についてご紹介しています。せっかくエコリフォームをするのであれば、事前にポイント制度をチェックしておきましょう。

申請書類の提出先は?

省エネ住宅ポイントを得るためには、必要な申請書類を事務局に提出する必要があります。提出先の事務局は別途公募によって選出されますが、現時点では未定。2015年2月時点では、「後日国土交通省より公表」となっていますので、続報を待ちましょう。

申請の基本的な流れをチェック

申請のパターンは大きく分けて2種類。「工事完了後の申請」と「工事完了前の申請」です。
1000万円(税込)未満のリフォーム工事は「工事完了後」の申請となりますが、1000万円を超える場合は工事期間が長期におよぶ可能性があるため、工事完了前に申請することもできます。

工事完了後の申請の流れ

  • 1.工事請負契約
  • 2.工事完了
  • 3.ポイント発行申請
  • 4.ポイント交換申請
  • 5.商品到着

工事完了前の申請の流れ

  • 1.工事請負契約
  • 2.ポイント発行申請
  • 3.ポイント交換申請
  • 4.商品到着
  • 5.工事完了
  • 6.工事完了報告

工事完了前の申請に必要な書類は?

上記の通り、工事完了前の申請には行程が多く、必要な書類も異なるため早めの段取りが必要となります。なお、必要な書類は以下の通りです。

  • ・ 工事請負契約書の写し
  • ・ 対象工事内容が分かる明細書等の写し(詳細は後日公表)
  • ・ 申請者の本人確認書類
      (個人:健康保険証、運転免許証の写し等、法人:商業法人登記の写し等)
  • ※代理申請の場合:代理申請者の確認書類(健康保険証、運転免許証の写し等)

また、工事完了後の「完了報告」時には次の書類を添付した完了報告書の提出が必要となります。

発行されたポイントを「即時交換」することも可能

対象リフォームによって発行されたポイントは、当該工事を行う工事施工者が追加的に実施する工事の費用に充当することも可能。これを「即時交換」といいます。

たとえば、エコリフォームを行った上で、追加的にキッチンのグレードアップ工事などを行った場合、リフォーム分で発行されたポイントを追加工事の費用に充てることができるわけです。ポイントの一部を即時交換に充当し、残りを商品交換に利用するといったことも可能です。

なお、即時交換を利用する場合は「ポイント発行申請」と同時に「即時交換申請」を行う必要があります。また、即時交換を利用する場合は、完了報告を平成28年2月15日までに行わなくてはなりません。

省エネ住宅ポイント制度
カテゴリ一覧

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ