1. 浴室暖房で快適なバスルームへ!設置費用やメリットとは

浴室暖房で快適なバスルームへ!設置費用やメリットとは

浴室暖房で快適なバスルームへ!設置費用やメリットとは

浴室暖房には暖房機能の他にも乾燥・換気機能があり様々な用途に使用できます。そんな便利な浴室暖房機の設置を検討されている方に役立つ情報をまとめました。浴室暖房を賃貸物件に後付けできるの?設置費用はどれくらい?工事は必要?など気になる疑問をすべて解決します。

浴室暖房の機能は浴室を暖かくする暖房機能だけではありません。

雨の日の衣類乾燥に便利な乾燥機能や、カビ・ニオイ対策に役立つ換気機能など、浴室暖房機には様々な用途があります。

そんな浴室暖房の設置を検討されている方に役立つ情報をまとめました。

浴室暖房の種類や設置費用、設置に必要な工事やおすすめのリフォーム会社など気になる情報を詳しく解説しています。

ぜひチェックしてみてください。

浴室暖房のメリット

入浴前に浴室を暖めることができる

浴室暖房は入浴前に浴室を暖めておくことができます。

事前に浴室を暖めておくことで、浴室に入って寒い思いをしなくても済むのです。

この機能を使用することでヒートショックを防ぐことができます。

ヒートショックとは

ヒートショックとは、急激な温度差により血圧が大きく変動し、失神や心筋梗塞を引き起こしてしまうことです。

このヒートショックは、暖かい部屋から寒い浴室へ入るときの温度差で引き起こされるケースが多く見られます。

浴室暖房で事前に浴室を暖めておくことで、脱衣所と浴室の温度差を減らすことができ、ヒートショック予防につながるのです。

ヒートショックは高齢の方がなりやすいもの

ヒートショックは、65歳以上の高齢の方や心筋梗塞・脳梗塞などの病歴のある方、不整脈や高血圧、糖尿病などの持病をお持ちの方がなりやすいものです。

ご自身やご家族がこれに該当するという方は浴室暖房の設置を検討してみてください。

乾燥機能付きで衣類乾燥にも

浴室暖房には暖房機能も付いています。

この乾燥機能は衣類乾燥に使用することができます。

特に梅雨の時期など雨が続く日は、洗濯物を外干しすることができず困りますが、この浴室暖房の乾燥機能があれば室内でも洗濯物を乾かすことができて便利です。

雨の日に限らず、天日干しに向いていないジーンズなどの衣類を乾かす場合も浴室暖房が使えますね。

換気機能でカビ対策に

浴室暖房には換気機能も付いています。

浴室は湿気がこもりやすくジメジメとしてしまいがちです。

この湿気はカビの原因にもなり、浴室の清潔を妨げてしまいます。

浴室暖房の換気機能を使用することで、浴室の湿気を取り除くことが可能でカビやニオイ対策にもなります。

浴室暖房乾燥機とは

浴室暖房乾燥機の機能

浴室暖房乾燥機には、暖房機能、乾燥機能、換気機能、涼風機能などがあります。

それぞれの主な使い道は以下の通りです。

暖房機能:浴室を暖めてヒートショックを防ぐ 乾燥機能:衣類乾燥に便利 換気機能:浴室の湿気を取り除きカビ・ニオイ対策に 涼風機能:浴室の暑さをやわらげる、入浴後のほてりを抑える

浴室暖房乾燥機の種類

天井埋め込み型

浴室天井に穴をあけて浴室暖房乾燥機本体をはめ込んで設置するのが、天井埋め込み型です。

浴室からは、機器本体は見えません。

天井の穴は機器のサイズに合わせてあるため、基本的には同じサイズの浴室乾燥機への交換がおすすめです。

壁取付型

浴室内壁面に取り付けるのが壁取付型です。

壁に取り付けるため幅広いタイプの浴室に設置可能です。

天井埋め込み型のような穴をあける必要がないため後付けに適しているタイプですが、設置できない場合も稀にあるので事前に確認しておきましょう。

浴室暖房乾燥機の設置費用

本体価格+設置費用で10~15万円が相場

浴室暖房乾燥機の設置費用相場は1~4万円です。

これに浴室暖房機の本体価格が必要になるため、合計で10~15万円が相場と言えるでしょう。

追加工事が必要な場合も

浴室暖房乾燥機を後付けする場合は、壁取付型になることが多いですが、天井埋め込み型となると天井開口部のサイズを変更する必要もあるためその作業費用も追加されます。

他にも浴室の状態や、設置したい機種によっては配線・配管工事が生じるため追加費用がかかります。

関連記事浴室・風呂リフォームの費用と相場

浴室暖房乾燥機は後付けできる?賃貸でも設置可能?

浴室暖房乾燥機のタイプによって設置方法が異なる

電気式

浴室暖房乾燥機本体のヒーターで発熱するタイプです。

浴室に換気扇がある場合、その電気配線を利用して設置するため工事が手軽で初期費用が安く済みます。

換気扇口がない場合でも、壁取付型の機器であれば簡単な工事で設置可能です。

ガス式

外部に設置した熱源機で一度作ったお湯を循環させることによって熱を放出するタイプです。

浴室外の熱源機や配線工事など大がかりな工事が必要となるため初期費用は電気式に比べて高いです。

ただ電気式よりもパワーがあり各機能の効果が短時間で得られることから、電気式と比べてランニングコストは安く抑えられます。

賃貸物件に浴室暖房を後付けすることはできるのか?

賃貸物件の設置工事には注意が必要

賃貸物件に浴室暖房乾燥機を後付けする場合にはいくつか注意が必要です。

賃貸物件の場合、退去の際に「原状回復」させることが原則です。

そのため、大がかりな工事をして浴室暖房乾燥機を設置したとしても、退去の際には入居時の状態に戻すための工事を再び行わなければならないという場合もあります。

賃貸物件には「壁取付型」がおすすめ

賃貸物件に浴室暖房乾燥機を設置したい場合は、工事が簡単な「壁取付型」をおすすめします。

「天井埋め込み型」は天井に穴をあけることになるため「原状回復」が困難となります。

また、後付け工事を行う際は事前に大家さんや管理会社に相談しましょう。

「天井埋め込み型」の設置を許可してくれるケースもあります。

まずは、リフォームのプロであるリフォーム会社に浴室や配線の状態を見てもらい、どんな工事が可能で、どんな機器を後付けすることができるのかを判断してもらうことをおすすめします。

浴室暖房乾燥機のリフォーム事例

ここからは、浴室暖房乾燥機の設置リフォーム事例を紹介していきます。

浴室暖房乾燥機設置の他にも、様々な浴室工事があるので気になる方はぜひチェックしてみてください。

浴室の寒さ対策のためにリフォーム

タイル浴室で冬場の浴室が寒い、というお悩みを解決するため寒さ対策を中心としたリフォームを行いました。

断熱浴槽+断熱専用フタ+サーモフロア+壁面に断熱材の充填などを実施。

さらに浴室暖房も設置し暖かな浴室を実現しました。

他にも手すりの増設を行い、高齢者の方が安心して利用できる浴室になりました。

✔費用 80万円

✔工期 5日

詳しくはこちら冬場の寒さが厳しい在来浴室を、快適なユニットバスにリフォーム

安全な高機能ユニットバスにリフォーム

浴室の老朽化、給湯器の故障が原因でリフォームをされました。

冬の寒さ対策のため浴室暖房を設置し、さらに断熱浴槽や柔らかくあたたかい感触の床も取り入れました。

他にも手すりの設置や、浴室と脱衣所の段差解消、滑り込み防止のステップ付きの高機能ユニットバス採用など高齢者の方が安全に利用できる浴室にリフォームしました。

✔費用 180万円

✔工期 1週間

詳しくはこちら高機能ユニットバスで安心な浴室リフォーム

その他の浴室リフォーム

浴室リフォームには、浴室乾燥暖房機を取り入れるリフォームの他にも様々なものがあります。

例えば浴室の寒さにお悩みの方は、浴室暖房設置の他に断熱性の高い素材を取り入れるなどの工事があります。

また、高齢の方向けにバリアフリー機能を追加することも可能です。

詳しくはこちら浴室・風呂のリフォームの成功ノウハウを見る

浴室のリフォームはリフォーム会社に相談

いかがでしたか? 浴室乾燥暖房機には暖房機能の他にも乾燥、換気などの機能があり様々な用途があります。

また、浴室を暖かくしたいとお考えの方には浴室暖房機設置の他にもおすすめのリフォームがたくさんあります。

あなたの浴室に合ったリフォームを行いましょう。

浴室のお悩みを解決するためにはリフォームのプロに相談することが大切です。

そこでおすすめなのが「ホームプロ」です。

ホームプロは、全国1200社以上の優良リフォーム会社を無料で紹介しているサイトです。

希望のリフォーム内容や予算を入力するだけでおすすめのリフォーム会社を紹介します。

名前などの個人情報を入力する必要は一切なしで、匿名かつ無料で申し込めます。

お気軽にご利用してみてください。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ