1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 浴室・風呂のリフォーム
  4. 風呂(浴室・お風呂)リフォームの基礎知識
  5. ユニットバスが主流!マンションバスルームリフォームのポイント

ユニットバスが主流!マンションバスルームリフォームのポイント

  • 最終更新日:2016-07-22

ユニットバスが主流!マンションバスルームリフォームのポイント

マンションでは、防水の面からユニットバスを用いることが一般的です。ユニットバスには戸建て用とマンション用があり、マンションではマンション用のものを設置します。

マンション浴室リフォームの注意点とは

マンションの浴室のリフォームでは、管理規約の確認が必要です。
マンションの浴室リフォームは、階下への水漏れのリスクを避けるため、在来工法は避けてユニットバスとすることが多くあります。

リフォームには管理規約で制限が設けられていることもありますので、事前にチェックしておきましょう。浴室交換などリフォーム工事には、事前に管理組合への申請と承認が必要なケースもあります。浴室の位置の変更は、床下に勾配を伴って配管するめのスペースが確保できる場合に限られます。

また、マンションの浴室交換のリフォームで問題となりやすいのは搬入経路です。共用部の廊下やエレベーター、専有部分の廊下などは搬入のために充分なスペースがとれるか確認しておきましょう。

マンションのユニットバスサイズとは

pixta_12387057_M
ユニットバスには、マンション用と戸建て用がありますが、同じサイズ呼称であっても、戸建て用の商品はマンションには使えないことがほとんどです。
マンションのユニットバスは一般的なマンションに合わせて、戸建て用よりも床下の高さや天井高を抑えてつくられています。

ユニットバスのサイズ呼称は設置寸法でつけられていますので、例えば「1418」は140cm×180cmという大きさです。

マンションで中古を購入して、浴室リフォームをする場合のポイント

pixta_19644867_M
最近では新築物件を買わずに、あえて中古マンションを購入してリフォームする人も多くいます。

浴室のリフォームをする場合、古いマンションで浴室が在来工法の場合などでは、ユニットバスの規格が合わないケースがあります。在来工法でのリフォームや特注品の発注では、リフォーム費用が大幅に変わりますので、購入前に一般的なユニットバスの規格でサイズが合うか確認しておくとよいでしょう。

マンションのユニットバス交換時期の目安

pixta_18194346_M
ユニットバスの寿命は使用状況にもよりますが、一般的には15年~20年です。例えば、浴室内のカビや汚れが落ちない、排水管の流れが悪い、浴槽にヒビが入っているといった状況であれば、交換時期に来ているといえるでしょう。

シャワー水栓などが壊れて交換するタイミングでは、部分的な交換や補修を繰り返すよりも、ユニットバスを交換した方が長い目でみると費用面で有利なケースもあります。

ユニットバスに部分的な不具合が生じたり、カビや汚れが蓄積したりしたときには、ユニットバスの交換を検討しましょう。

マンション浴室の防音のリフォームはできる?

Mother and baby taking bath and playing with foam
マンションなどの集合住宅は、構造によってはバスルームを使用している際の水音が階下や隣の部屋などに響きます。仕事などで帰りが遅いと、深夜の入浴に気を使うため、防音リフォームを希望する人がいるのです。

マンションによっては、ユニットバスの支持脚の下に防振ゴムが取り付けられ、階下に居室がくる場合の配慮がされていますが、支持脚の納まりによっては効果が薄いケースもあります。ただし、ユニットバスの床面の防音リフォームは、設置後ではできる工事が限られますので、防音工事を専門とする会社に相談しましょう。

リフォーム以外でバスルーム内の水音を軽減する対策では、床に水や物音を和らげるために浴室用のシートを設置する方法があります。

マンションユニットバス換気扇交換費用について

pixta_18361837_M
マンションにおけるユニットバスの換気扇の交換は、既存の開口部に対して古い換気扇を取り外して新しい換気扇を取り付けるだけなので、施工の難易度は高くありません。また、作業時間も1時間以内に終わるため、工事費用を含めても5万円以内程度に抑えられる場合もあります。

ただし、既存の換気扇を浴室換気乾燥機付きものにグレードアップすると、取り付け費用を含めて10万円程度となります。

ホームプロには、水回りのリフォームに強いリフォーム会社が数多く登録しています。戸建てやマンション、それぞれに合ったリフォームプランの提案を受けることもできます。複数の会社の見積もりやプランを比較して、浴室交換リフォームの依頼先を見つけましょう。

マンション浴室リフォーム実例1:ユニットバスの交換

BANGKOK, THAILAND - APRIL 23 :  Luxury Interior bathroom of My r
現在では主流になりつつあるユニットバスは、防水性が高く、水漏れのリスクが低いため、2階以上のマンションに住んでいる方におすすめです。ユニットバスは工期も短く、工事費を抑えられるのも利点です。

マンション全面リノベーション工事」は、中古マンションを購入されて全面改装された事例です。ユニットバスを取り替え、浴槽の裏側へ水の侵入を防ぐ構造を採用しました。

マンション浴室リフォーム事例2:バリアフリー

pixta_18403182_M
高齢者だけでなく、若い方でも一時期なケガや病気によってちょっとした障壁(バリア)が気になることがあると思います。誰もが毎日使う浴室だからこそ、家族全員が安心して安全に利用できる空間をと望む方も多いでしょう。

ユニットバスはバリアフリータイプにリフォームしました。」は、ドアの高さを低くし、手すりを取り付けた浴室です。浴槽の高さは420mmと誰でも入りやすい高さが選ばれています。床が滑りにくく、温かいのも安心です。

浴室のバリアフリー化」に、バリアフリー化を考える際に配慮するポイントをご紹介しているので、こちらも参考にしてみてください。

マンション浴室リフォーム事例3:在来工法で自由自在に

Bathroom interior
ごくごく普通のユニットバスではつまらない…と思っている方もいるのではないでしょうか?1日の疲れを癒す場所だからこそ、自分好みの空間にしたいと思う方は、マンションでも在来工法でのリフォームをおすすめします。

かわいいタイル貼りのお風呂72万円!」は、1975年竣工の中古マンションを購入されたご夫婦が、自分たちのライフスタイルに合わせて全面リフォームした事例です。防水工事をした上で、在来工法によってタイル貼り浴室となりました。

爽やかで広々とした浴室」は、まるで海外のリゾートホテルのバスルームのような空間に一新した事例です。浴室と洗面室がガラス間仕切りで仕切られ、比較的狭くなってしまうマンションの浴室でも広々と感じられるよう工夫されています。

ホテルのようなデザイン性高い浴室に興味がある方には、「タイル貼りの自分好みな浴室」もおすすめです。自分好みのタイルを全体に使い、浴室から洗面・トイレまで一体感のある空間となりました。小物用カウンターを自在に設計できたのも、在来工法ならではです。

マンションの浴室のリフォームでは、管理組合への届け出が必要なケースが多く、近隣住戸への配慮も必要です。住まいへの不満はリフォームで解決しませんか。
ホームプロには厳正な審査を通過したリフォーム会社が1,200社以上登録されています.予算に合い、なおかつ信頼できる地元のリフォーム会社を探しているのであれば、利用者数80万人以上のリフォーム会社紹介サイト「ホームプロ」が便利です。

リフォームのご要望に応じて、お近くのエリアで対応可能な優良会社だけを厳選してお勧めしています。
ホームプロを利用して、信頼できるリフォーム会社を探しましょう。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ