1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. バリアフリーリフォーム
  4. バリアフリーリフォームの基礎知識
  5. ドアをバリアフリーにするだけで、車いすの方でも安心して過ごせる

ドアをバリアフリーにするだけで、車いすの方でも安心して過ごせる

  • 最終更新日:2015-10-02

ドアをバリアフリーにするだけで、車いすの方でも安心して過ごせる

バリアフリー対策と聞いて、思い浮かべる個所は手すりの取り付けや、床の段差をなくすという点がほとんどです。「ドアを変える」こともバリアフリー対策になります。

バリアフリーリフォームで家のドアを自動ドアにすることも可能

バリアフリーリフォームで家のドアを自動ドアにすることも可能

外では多く見られる自動ドアですが、これが家庭のドアでも実現できるようになりました。
完全オーダーメイドのため、開きドアでも引き戸でも、タイプに合わせて自動ドアにすることが可能です。

年を取ってくると握力がなくなるため、ドアノブを回すことも大変というご年配の方もいますが、自動ドアなら安心です。
施工費用はドアの形状によって変わるため、リフォーム業者とよく打ち合わせをする必要があります。

ドアの「幅」のリフォームも視野に入れておきましょう

ドアの「幅」のリフォームも視野に入れておきましょう

ドアのバリアフリーで最も重要なことは、ドアの「幅」です。
家庭のドアは開きドアの構造が多く、幅も立って歩ける範囲を基本にして作られているため、車いすの生活になった場合、非常に生活しにくいスペースとなってしまいます。

お店のトイレなどを想像すると分かりやすいですが、車いすの方専用のトイレはとても広く取られています。幅の取り方は異なりますが、ドアにおいても広いスペースが車いすの方には必要です。

一般の家庭のドア幅は60cm程ですが、バリアフリー基準の開口は80cmのため、壁を解体しての工事になる場合もあります。

リフォームでドアストッパーも片手で簡単に利用できることが理想

>リフォームでドアストッパーも片手で簡単に利用できることが理想

今まで当たり前にできていたことが、老後は難しく感じる場面が多くでてきます。ドアを開くストッパーでさえ、「一度しゃがんで止める」という作業が困難に思うこともあります。
その対策として、ドアストッパーをマグネット式に変えるというリフォームがあります。
床に磁石を取り付け、磁力でドアを固定します。解除も簡単なので、ご年配の方もラクにドアの開閉を行うことができます。工事費用も比較的安いです。

間取りにより、可能な工事に制限はありますが、将来への対策は早めに行っておくことが大切です。

バリアフリーリフォームでは、減税に関する知識だけでなく、他のリフォームとは違った視点でリフォーム計画を立てていく必要があります。
状況や予算に合わせて相談できるリフォーム会社をホームプロがご紹介します。ぜひご相談ください。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ