1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 階段のリフォーム
  4. 事例・ケーススタディ
  5. 階段のきしみの原因と直し方

階段のきしみの原因と直し方

  • 最終更新日:2015-06-10

階段のきしみの原因と直し方

階段リフォームの情報。階段のきしみの原因と直し方をご紹介します。リフォーム会社選び実績No.1サイト「ホームプロ」が提供。
木造住宅に入居しています。
床や階段がきしむのですが、原因とその直し方を教えてください。

きしみは、構造材の不足や、乾燥によるすき間が原因。
構造材を増やす、すき間にくさびを打つなどの補修を。

階段のきしみ

床のきしみは床を支えている梁や根太などの構造材の不足です。階段の場合は階段を構成している木が乾燥し、木と木の間にすき間ができたからです。

床のきしみは梁や根太の断面積不足か、根太間隔のあき過ぎによります。2階の床材の下は根太、梁と続き2階の床材を支えます。1階の床材の下は根太、大引き、床束、束石、地面と続き、1階の床を支えています。いずれも床材を取り払ってから補修工事に入ります。2階の床のきしみは根太の場合は前述のように根太の本数を増やし、梁が小さい断面積で問題ならば添梁や添木をしてボルトで締め付けます。1階の床の場合は、単なる床のきしみは2階と同様、根太の本数を増やします。床束の下部を点検し腐りや白アリの害があれば床束を取り替え、白アリの駆除をします。

これは床をめくらないで床下点検口から床下に入り見つけることができます。

階段は、階段の踏板(ふみいた…段板)、蹴込板(けこみいた…踏板と踏板の間にたてにはめる板)、これらの板を受けている側桁(木造階段の踏板、蹴込板を支える斜め材)、裏板からできています。きしみは木が乾燥するか、踏板や蹴込板を支えている側桁の溝にすき間ができてでる音で、そこに木片や楔(くさび)を差し込みます。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ