1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 玄関・玄関ドアのリフォーム
  4. 玄関・玄関ドアリフォームの基礎知識
  5. 玄関ドアのリフォームが1日以内にできる!カバー工法って?

玄関ドアのリフォームが1日以内にできる!カバー工法って?

玄関ドアのリフォームが1日以内にできる!カバー工法って?

玄関ドアは住宅の顔。帰宅時、家の玄関ドアが見えるとほっとしませんか?そんな玄関ドアをリフォームして機能性や見た目の良さをアップさせれば、住まいがもっと快適に感じられそうです。今回は、玄関ドアのリフォームと、短い時間でリフォームが可能な「カバー工法」について詳しく解説していきます。

玄関ドアのカバー工法とは?

まずは、玄関ドアをリフォームする際の「カバー工法」とはどんな施工方法かを解説します。

玄関ドアリフォームのひとつの方法

「カバー工法」とは、玄関ドアリフォームの方法の一つで、ドア枠の上から新しいドア枠を取り付ける施工方法です。古いドア枠を新しいドア枠でカバーのように覆うため、見た目は新しい状態となります。

「機能性やデザイン性に優れた玄関ドアにしたい」という理由でのリフォームならカバー工法がおすすめです。

既存のドア枠を撤去する施工方法よりも費用が抑えられ、施工時間も短くすみます。

壁や床はそのままでOK

ドア枠を取り外すには壁の一部を壊さなければなりませんが、カバー工法では壁や床を傷つけることがありません。壁や床はそのままで良いのでリフォーム費用も安く抑えられます。一戸建ての玄関をリフォームした場合の費用相場は50万円~。対して玄関ドアのみをリフォームした場合には20~40万円程度となります。

カバー工法のメリット

玄関ドアリフォームのカバー工法にはどんなメリットがあるのでしょうか。

通常のリフォームより短期間で行える

施工は半日~1日で完了することがほとんどです。ドア枠ごと交換するリフォームよりも短期間で行えるのは大きなメリットと言えるでしょう。短い時間でリフォームできることで、玄関ドアリフォームでの悩みとして多い防犯面での不安や暑さ・寒さ、害虫の侵入などを防ぎやすくなります。また、施工に立ち会う時間も少なくすむため、週末や半日休みなどにもリフォームが可能です。

通常のリフォームに比べてコストが安い

前述したとおり、カバー工法は通常のリフォームよりもコストが安くすみます。

玄関ドアのリフォーム時にかかる費用として、意外に高くつくのが既存のドアの撤去費用です。古いドアの撤去費用は2~3万円程度が相場ですが、ドア枠をそのままにするカバー工法なら若干安くすることが可能です。どれくらい安くなるかは業者の規定によって異なります。

カバー工法のデメリット

施工期間が短くコストも安くできるカバー工法ですが、気を付けたいデメリットもあります。

片開きの場合は有効開口が狭くなる

カバー工法は古いドア枠の上から新しいドアを取り付ける施工方法のため、片開きのドアの場合には出入口の幅が5cm程度少なくなってしまいます。最近は幅広く高いデザインの玄関ドアが求められる傾向にあるため、開いたときに「狭い」と感じることがあるかもしれません。また、バリアフリー住宅にする場合にも参考にしたいポイントとなります。

段差ができる

カバー工法の特性上、段差はできてしまいます。段差をなくしたい場合には、周囲の高さを上げて調整する必要があります。

カバー工法の手順

玄関ドアをカバー工法でリフォームするときにはどのような手順で行われるのかを紹介します。

打ち合わせ

玄関ドアには様々な種類がありますので、希望のデザインや予算をある程度イメージとして持っておき、業者と打ち合わせを行います。希望のドアの設置が可能か、家に合った玄関ドアか、生活動線には問題がないかといった点をプロの目線でアドバイスしてもらいましょう。打ち合わせではドアの種類や費用、施工日などを決めていきます。

古い方のドアを外す

リフォームは古いドアを取り外すところからスタート。古いドア枠の上から新しいドア枠を設置し、ドアを取り付けます。

枠に新しいドアを取り付ける

カバー工法で新しいドアを取り付けるとどのようになるのか、事例をいくつか紹介します。

たった1日でリニューアルできる玄関ドア

古い親子ドアのデザインイメージはそのままにして新しいドアにリフォームした事例です。
曇りガラスは中が見えないものに変更、鍵も防犯効果が高いものに。

スタイリッシュな断熱玄関ドア

美しいデザインの片開きドアにリフォームした事例。
断熱性がアップし、冬でも寒さが緩和されるようになりました。

玄関リフォーム工事 LIXILリフォームドア・リシェント

こちらは親子ドアのリフォーム事例です。
長く使用するうちにドアチェーンが擦れ、削れてしまった柱を合わせて補修しています。

防犯性の低い玄関引き戸をカバー工法で防犯性アップ

古い引き戸をカバー工法でリフォームし、防犯性を上げた事例です。

ドアのタイプ別費用

玄関ドアはタイプ別にかかる費用が異なります。それぞれの特徴と合わせて検討材料としてください。

片開き

マンションで多いタイプの玄関ドアです。他の玄関ドアと比べてコンパクトなので、狭い玄関でも問題なく設置できます。カバー工法では開くスペースが少し狭くなります。

両開き

左右に同じ大きさのドアが2枚ついたタイプの玄関ドアです。豪華な見た目となりますが設置するには玄関の広さが必要です。また、住宅自体にも広さがないと玄関ドアのみが悪目立ちしてしまうでしょう。左右のドア両方を開けられることで間口を広くとることができ、大きな荷物を出したいときには大変便利です。

両開きドアは店舗や施設で多く使用されることが多く、お客さんが入りやすい印象となります。店舗兼住宅の場合にはメリットも大きいでしょう。

引き戸

引き戸の玄関ドアというと、開いたときにガラガラと音がする古い玄関ドアをイメージする方が多いかもしれません。しかし、最近ではデザイン性に優れた引き戸タイプの玄関ドアが多くなっており、以前より人気も上がってきています。また、昔ながらの引き戸は防寒・防音の面で片開きドアよりも劣る面がありましたが、最近では玄関ドアとして問題なく使用できる性能となっています。

開き戸ではドアの開閉に前後のスペースが必要ですが、引き戸なら不要です。そのため、玄関ドアを開けてすぐのところに車庫を設置することも可能。引き戸タイプの玄関ドアはスペースを体感的に広く使うことができます。

片袖ドア

片袖ドアは、メインのドアの左右どちらかにガラスをはめこんだ玄関ドアです。玄関に光を取り入れることができるので、暗くなりがちな玄関が明るいスペースとなります。親子ドアとの違いはガラス部分が開くか開かないかという点のみです。

親子ドア

親子ドアは、ドアの左右どちらかにメインのドアよりも小さい「子ドア」をつけたドアのことです。普段は閉めておき、大きな荷物を通したいときなどには開けることができます。子ドアを開ける機会は頻繁にはありませんが、具合の悪い人を家から運び出すときにスムーズ、災害時に救助しやすいといったメリットも。費用相場は同クラスの片袖ドアよりも3~5万円ほどアップします。

まとめ

今回は、玄関ドアのリフォーム方法の一つ「カバー工法」について詳しくご紹介しました。

数日かかっていた玄関ドアのリフォームがわずか半日~1日に短縮できるカバー工法。

大がかりな工事がネックで玄関ドアのリフォームを諦めていた方でも、カバー工法なら「やってみたい」と思えるのではないでしょうか。

外出時、帰宅時に目につきやすい玄関ドア。カバー工法で美しいドアにリフォームしてみてはいかがでしょうか。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ