1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 外構・エクステリアのリフォーム
  4. エクステリア・外構リフォームの基礎知識
  5. 外回りの防犯 ブロック塀、フェンスの高さなど

外回りの防犯 ブロック塀、フェンスの高さなど

  • 最終更新日:2015-06-10

外回りの防犯 ブロック塀、フェンスの高さなど

「外回りの防犯 その1」ではリフォームの防犯対策に関する基礎知識をご紹介しています。リフォーム会社選び実績No.1サイト「ホームプロ」が提供。

外回りの防犯 その1

高すぎるブロック塀は、侵入されやすい!?

ここ数年における犯罪の増加と多様化によって、日本国内でも防犯意識の高まりが顕著に現れるようになりました。ここでは、エクステリアを基点に「防犯」を考えてみましょう。外敵から暮らしを守るエレメンツとして、まずあげられるのが塀やフェンスです。中でもコンクリートのブロック塀は、道路や隣家からプライバシーを隠す手段として選ばれることが多いようです。
しかし、高さのある塀は外部からの死角となり、皮肉にも侵入者を招く入り口となってしまう可能性も持ち合わせていると言われています。では、防犯に適した高さの目安はどの程度のものなのでしょうか。

防犯に適した塀の高さとは

侵入者が一番嫌うもの、それは「見通しの良さ」です。低めの塀や格子状のフェンスなどは侵入者の心理を圧迫する手段として、とても有効と言えるでしょう。一般的にコンクリートのブロック塀など、目隠し性にたけた塀は腰より少し高いくらいがちょうど良いとされています。また、加えて、家の側面や裏側など死角になりやすいエリアには、センサーで侵入を感知して点灯するライトや、歩くと大きな音がする「防犯砂利」などを取り入れるのも、有効な対策と言われています。

防犯にも、心地よさを

例えばブロック塀では、実は左官仕上げやタイル・石張りなど化粧も様々で住まいのイメージに合わせて自由に選べます。風通しなどが気になられる方は、施工業者にスリットなどで風穴を開けてもらうと良いでしょう。同様にフェンスも様々な種類が流通しています。アルミフェンス・アイアンフェンス・ウッドフェンスなど、用途や好みで自由に選ぶことができます。また、塀とフェンスの利点を融合させたアイデアとして、イペ材などの耐久性木材で作られた板塀や、目の粗いメッシュフェンスに生け垣を植栽するといった方法も人気です。外界とのつながり、家から眺める景観、風の通り方などもしっかりと施工業者に相談して、心地よさと空間センス、さらに防犯対策を兼ね備えた住まいづくりをご検討ください。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

外構・エクステリアのリフォーム
カテゴリ一覧

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ