1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 外構・エクステリアのリフォーム
  4. エクステリア・外構リフォームの基礎知識
  5. ブロック塀の施工・工事のポイント!設計時の注意からメンテナンスまで

ブロック塀の施工・工事のポイント!設計時の注意からメンテナンスまで

  • 最終更新日:2015-06-10

ブロック塀の施工・工事のポイント!設計時の注意からメンテナンスまで

「ブロック塀工事のポイント」では「門扉・フェンス・ブロック塀」のリフォームに関する基礎知識をご紹介しています。リフォーム会社選び実績No.1サイト「ホームプロ」が提供。

ブロック塀はプロの専門業者に依頼を

プライバシーの確保や耐久性の高さから人気の高いブロック塀。日曜大工で自作される方も多いようですが、安全性の面から、素人の工事はおすすめできません。ブロック塀に関しては、建築基準法などで、強度や高さ、厚み、基礎の深さ、鉄筋の数などが細かく定められています。地震などで倒壊して他者に被害が出ると一般的には所有者が責任を問われます。設計や工事管理は専門業者に依頼しましょう。業者に依頼した場合も、施主としてチェックすべきことがあります。

○土の中に隠れてしまう基礎の断面図や、積んだブロックの中に隠れてしまう鉄筋の配筋図など、ブロック塀の図面をもらう。
○図面どおりに施工したかどうかの証拠写真になる、基礎、配筋の現場写真をもらう。
○地面から基礎の底面までの深さが35cm以上あるか、基礎の根入れ深さをチェックする。

設計時の注意点

ブロック塀と建物が近すぎると十分な基礎が作れないばかりでなく、補強に必要な控壁が設置できません。最低50cmは建物と離して施工しましょう。また、ブロック塀の上にフェンスを設置する場合は宅地と道路の高さのちがいに注意してください。外から見たときと庭から見たときのバランスが変わることがあります。ブロック塀もフェンスと同じように、単価のちがいが大きな金額になってしまいます。化粧ブロックは表側だけにするなど使い分けると経済的です。

ブロック塀もメンテナンスを

コンクリートブロックは他の建材に比べると、とても耐久性に優れているといわれています。しかし野外に設置しているため、雨や直射日光の影響で補強鉄筋にサビなどを生じさせ、ひび割れが生じるなど時間とともに劣化していきます。とくに化粧ブロックの場合は、色合いや質感などを長く保つために防水材を塗布するなど、定期的なメンテナンスを心がけましょう。できれば、施工をした工事店に定期的な点検をお願いすると良いでしょう。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

外構・エクステリアのリフォーム
カテゴリ一覧

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ