1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 外構・エクステリアのリフォーム
  4. エクステリア・外構リフォームの基礎知識
  5. ガレージ・カーポートの設置のポイント

ガレージ・カーポートの設置のポイント

  • 最終更新日:2015-06-10

ガレージ・カーポートの設置のポイント

リフォーム ホームプロの外構 リフォームについての情報ページ。ガレージ・カーポートを設置する際に必要な条件や広さ、注意点などをご紹介します。

ガレージ・カーポートの設置のポイント

(1)車の条件(幅,長さ,高さ)(2)敷地の条件(高低差、設置場所、道路の状況等)(3)設備条件(水道、照明、収納など)以上の3点を十分に把握して計画をしないと、実際に車の出し入れが面倒、洗車がしにくいなど、使い勝手が悪くなります。

ガレージ・カーポート

駐車スペースの基本寸法

小型車から大型車までサイズによって、必要スペースも変わって来ます。間口は車の幅プラス100cm、奥行は車の長さプラス70cmが目安です。

●タイプ別寸法〈全長×全幅(mm)〉

小型車:4,500×1,680以内
中型車:4,800×1,700以内
大型車:5,000×1,820以内

ガレージの目安寸法

ガレージタイプ別基本スペース

ガレージタイプ別基本スペース

建ぺい率にご注意

スペースがあれば問題ありませんが、敷地が限られているときは、玄関ポーチとカーポートの一体化などの工夫が必要になります。その際、屋根のある駐車場にすると建築物となるため、建築申請しなければなりません。建ぺい率に余裕がないと造ることができません。敷地に制約があるのなら、機械式の2段駐車場にするか、地下を利用することもできます。
[建ぺい率]
敷地面積のうち、建物を建てられる面積(建築面積)の割合のことで、用途地域などによって異なります。市役所などでご相談ください。

カーポート

片支持タイプや両支持タイプのカーポートを設置することができます。縦列2台駐車用、並列2台駐車用など、さまざまなタイプがあり、スペースや用途に応じて選ぶことができます。普通のセダンなどではあまり気にならないカーポートの高さですが、ワンボックス車やRV車のように高さのある車種の場合には、車の全高を確認することが必要です。

カーポート

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

大手4社出資だから安心

以下の4社が出資する株式会社ホームプロが運営しています。

株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

外構・エクステリアのリフォーム
カテゴリ一覧

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ