1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. 壁紙・クロスのリフォーム
  4. 壁紙・壁・クロスリフォームの基礎知識
  5. 壁紙・壁・クロスのお手入れ方法

壁紙・壁・クロスのお手入れ方法

  • 最終更新日:2015-06-08

壁紙・壁・クロスのお手入れ方法

「壁紙・壁・クロスのお手入れ方法」では、壁紙・壁・クロスのリフォームに関する基礎知識をご紹介しています。リフォーム会社選び実績No.1サイト「ホームプロ」が提供。

日頃から気をつけてはいても、いつのまにか汚れている…そんな壁紙の汚れは目立ちやすいので、早めにお手入れをしたいものです。壁紙は種類によってお手入れ方法が異なりますので、次の方法を参考にしてみてください。

ビニル壁紙のお手入れ法

ビニル壁紙は、壁紙の中でもお手入れがしやすく、軽い汚れなら水拭きや中性洗剤で落とすことができます。

一般のビニル壁紙の場合、飲食物や調味料などの汚れは、きれいな水で濡らし固く絞った雑巾で拭き取ってください。落ちにくいときは家庭用中性洗剤を使いましょう。洗剤を使ったあとは、表面に残った洗剤を拭き取り、最後に乾拭きをしましょう。

汚れ防止機能付きのビニル壁紙の場合、表面にフィルムがラミネートされているので、油性マジックやクレヨンなども落とせます。

紙壁紙のお手入れ法

紙壁紙は、ビニル壁紙に比べるとキズや擦れに弱く、水を吸い込みやすい欠点があります。
調味料やジュースなどの汚れが付いてしまった時は、すぐに乾いた布やティッシュペーパーなどで軽くポンポンとたたくように拭き取りましょう。

手垢や小さな汚れは消しゴムで表面を軽くこすると落ちる場合があります。

織物壁紙(布クロス)のお手入れ法

織物壁紙の表面は水拭きできません。ブラシを付けた掃除機やハタキでホコリを取ってください。調味料やジュースなどの汚れが付いた時は、固く絞った布などで表面を軽くポンポンとたたくようにして汚れを取りましょう。

オレフィン壁紙のお手入れ法

一般のオレフィン壁紙に調味料やジュースなどの汚れが付いた時は、固く絞ったスポンジや布で汚れを吸い取るように拭き取ってください。

汚れ防止機能がついたオレフィン壁紙は、抗菌性のフィルムがラミネートしているので、壁紙内部に汚れが浸透しにくく、拭き取りやすくなっています。油性マジック、クレヨンなども落とすことができます。

壁紙のハガレ

多くの壁紙は、部分的なハガレなら文具糊や木工用水性接着剤などで張りつけることができます。

補修の手順は、剥がれている壁紙の裏面にブラシなどで糊をムラなく、はみ出ない程度に多めに塗ってください。10分間程おいてから、下地に張り付けていきます。面積が広い場合や何度も剥がれるときは、プロに相談したほうがよいでしょう。

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,110件

※2019年4月〜
2020年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ