1. マンションでペットを飼う人増加中!気を付けたいこととは?

マンションでペットを飼う人増加中!気を付けたいこととは?

マンションでペットを飼う人増加中!気を付けたいこととは?

家族の一員としてペットをかわいがる人が増え、マンションで飼うことも当たり前になっています。しかしマンション内で飼うことには注意したいポイントもたくさん。トラブルになりやすい例や一人暮らしの人が飼うときの注意点などをまとめてみました。

マンションで室内ペットを飼う人は増加中!

マンションで室内ペットを飼う人は増加中!

マンションで室内ペットを飼う人が増え、犬や猫も室内飼育されることが当たり前になってきました。家の中で飼うと長時間一緒に過ごせるメリットがあり、ペットに異常があった場合もすぐに気が付くことができます。一方で、ペットの目線で室内環境に気を配ってあげなければ、健康やストレス面で心配な事態にもなりかねません。飼い主にとってピカピカのフローリングが自慢でも、ペットにとっては滑りやすく足腰に大きな負担をかけてしまうからです。

小さなペットならマンションでも大丈夫?

小さなペットならマンションでも大丈夫?

マンションで犬や猫を飼うのは大変そうだから、と小鳥やハムスター、ウサギなど小さなペットを選ぶ人もいます。しかし小動物でも鳴き声を出すものもあり、場合によっては周囲から騒音のクレームが来ることも。また、排せつ物などの臭いでトラブルになったり、室内で放し飼いにしていると建具や壁を傷つけてしまったりすることもあります。さらに小さなペットの場合は、ケージから出して遊ばせているうちどこに行ったか分からなくなる危険性も。小動物だから飼いやすい、というのは必ずしも正解ではないようです。

一人暮らしでペットを飼うときは

一人暮らしでペットを飼うときは

飼い主が一人暮らしの場合は、外出している間はペットだけで留守番をさせることになります。留守中、冷暖房をつけっぱなしにして室内温度に気を配っている人は多いでしょうが、室内には他にも危険がたくさんあります。室内で自由に動き回れるようにしておくと誤飲の恐れがあり、家の中を荒らされる心配もあるでしょう。そのためケージやサークルといった囲いや檻状のものの中にトイレやエサ、寝るための場所を作ってあげて留守番してもらうのも一つの方法です。しかし無理に閉じ込めると余計にストレスが溜まり、留守中ずっと吠え続けていた、という例もあるので注意しましょう。

リフォームで快適ペット生活を

リフォームで快適ペット生活を

ペット可のマンションであっても、飼い主とペット双方がストレスなく暮らせるよう工夫するのは大切です。たとえば汚れても掃除しやすく傷にも強い床に張り替えたり、壁紙や内部の下地に消臭加工を行ったりといったリフォーム例があります。鳴き声が気になるときは騒音対策のリフォームも行うと良いでしょう。
ほかにも、工夫次第で快適ペット生活を送るリフォームのヒントは色々。ホームプロにはペットとの共同生活を快適にするリフォーム例が多数掲載されています。ぜひ参考にして、幸せなペットライフを満喫してください。

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄

広告

ページの
先頭へ