1. ホーム
  2. リフォーム成功ノウハウ
  3. なんでも事典 リフォーム編
  4. 契約・規約
  5. 【契約・規約_1】解体費

【契約・規約_1】解体費

  • 最終更新日:2021-03-08

【契約・規約_1】解体費

見積り・契約に関しては、専門用語など素人にはわかりにくい点も多々ありますが、業者に説明を求めてきちんと理解することが大切です。

施工内容、工事の範囲、工期、料金や支払いについてのとり決め、アフターフォローがどうなっているかなど、書面をきちんと残し、業者との認識に相違がないか確認しましょう。

台所の増築工事を依頼したら見積の中に解体費とありました。解体費とはどういうものですか。

工事に入る前にまず、その部分を壊します。この壊しにかかるのが解体費です。

解体費は増築工事に必要な経費です。
台所を増築するには台所の一部を壊すことから工事が始まります。この壊しにかかるのが解体費です。

また、解体費には防塵シートなどの養生、解体、撤去廃材の撤去、搬出廃材処分経費などが含まれます。

解体は、機械で全体解体をする場合と、増築工事で生じるような部分解体の手壊しがあります。

簡単な取り壊しや取り外し、床や壁や天井部分、梁や柱などの構造材部分、流しや浴槽や便器、基礎部分(土間も含む)の取り壊し作業がその内容になります。

解体費の大枠の内訳は養生、解体と撤去になります。

解体と撤去費は木造や鉄筋コンクリート造などの住宅構造、延べ面積、階数で異なり、古材の梁や柱を再使用する場合の抜き取り費用は含まれません。

当工事は増築なので、内装材の床、壁や天井材のはがし方、増築部分に当たる床、壁、屋根部分の壊し方は全体解体と異なり、住んでいる人への配慮が必要で、当然、解体費は割高になります。

生活しながらの工事ですので、大物家具の一時移動、庭木の枝落としや移植など直接、工事に関係ないことも、最初から業者と決めておくことが必要でしょう。





リフォームなんでも事典:リフォーム編 一覧

<設計・工事・構造 >

<業者の選び方>

<契約・規約>
解体費
工事業者との契約時の注意点
見積りの意味
見積書の見方とチェックポイント

<家族構成の変化>

<高齢者のために>

<健康と快適のために>

<水まわり>

<内装・インテリア>

<外装・エクステリア>

<諸設備>

<法律・トラブル>

リフォーム会社紹介の流れ

信頼できて予算に合って評判がいい…、そんなリフォーム会社を自分で探すのは大変です。
ホームプロでは加盟会社を中立の立場でご紹介しています。

リフォーム会社紹介の流れ

ホームプロの実績

2001年のサービス開始以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

80万人以上

利用者数

9,189件

※2020年4月〜
2021年3月

昨年度のご成約

リフォームサイトランキング 10年連続利用者数ナンバーワン

※2019年2月リフォーム産業新聞による

先進的なリフォーム事業者表彰 平成26年度 経済産業省受賞

今なら、お申込みいただいた方だけに
リフォーム会社選びの成功ノウハウ集を限定公開中!

リフォーム会社選びにはコツがある!「成功リフォーム 7つの法則」

ホームプロでは、これからリフォームされる方に“失敗しないリフォーム会社選び”をしていただけるように、「成功リフォーム 7つの法則」をまとめました。ホームプロ独自のノウハウ集として、多くの会員の皆さまにご活用いただいております。

リフォーム会社紹介を申込む

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

リフォームには定価がありません。適正価格を知るには複数社の見積もりを比べるのがポイント。
予算や条件にぴったりの会社を最大8社ご紹介します。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ