1. 大切に暮らしたくなる家
事例一覧へ戻る

大切に暮らしたくなる家

建物のタイプ 戸建住宅 価格 3,080万円
築年数 30年以上 工期 3ヶ月以上
竣工年月日 構造 木造
施工地 茨城県 石岡市 リフォーム箇所 和室屋根
家族構成 不明

詳細情報

[テーマ]全面改装 、 リノベーション 、 耐震補強

お客さまのご要望

築130年の母屋と増築した離れをうまく活用して安心・快適・明るい住まいにしたい
「代々受け継いできた築130年の住まいを建て替えではなく、リフォームで今の家族が心地よく安心して暮らせるように」ということがご相談の大前提でした。土台や構造、内装はかなり老朽化が進んでおり、昔ながらの間取りはご家族の暮らしに合わないものでした。また、家全体が暗いという点も大きな不満となっていました。

リフォーム会社のご提案

築130年ともなれば、土台や柱などから傷みがあるため、骨組みだけを残すスケルトン工事を実施しました。必要な部分を補強し、耐震壁を新設。さらに屋根は瓦から軽い金属瓦に葺き替えています。また壁のみならず屋根にも断熱を施し、アルミサッシの採用で断熱性を高めています。間取りは母屋と離れをどう使うかから検討。空間を無駄なく使い、暮らしやすい間取りに。曇りガラスを透明ガラスに変え、トップライトの新設で明るさも確保しました。既存の建具欄間を再利用し、昔の面影を残しながら快適に暮らせる住まいになりました。

このリフォームの詳細をチェック!

和室

和室

定年を迎え、ゆったりと家で過ごす時間が増えたUさん。これまで増築した離れで暮らしていたが、母屋に住み替えることに。3人家族で暮らすには母屋だけでは部屋数が足りず、昔ながらのふた間続きの和室など、暮らしに合わない間取りをどうにかして明るい住まいにしたいと思っていた。また、母屋は築130年という歳月を経て老朽化が進み、耐震性・断熱性にも不満が。そこで骨組みだけを残してスケルトン工事を行い、間取りを再構成。土台や柱・梁を補強し、耐震壁を設置。窓は全面的にアルミサッシに変更および断熱材の投入で快適性をアップ。再利用できる建具や欄間を取り入れて、以前の住まいの面影を残しつつ明るく心地よい住空間を実現した。

詳しく見る

屋根

屋根

屋根は陶器瓦を金属瓦に葺き替え、地震に対して揺れを軽減できるように軽量化を図っている。外壁は傷んでいる部分の漆喰の塗り直しと羽目板の張替えを行い、日本家屋ならではの趣ある佇まいがより美しく生まれ変わりました。 トップライトをつけて玄関を明るい空間が広がるように致しました。

間取り変更・スケルトン
リノベーション
明るく広々
詳しく見る
施工会社:株式会社藏持

このようなリフォームを実現できる
お近くのリフォーム会社を、複数社ご紹介!

この事例と同じ条件を指定した状態でリフォーム会社紹介にお申込みいただけます。

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ