1. ホーム
  2. リビング・ダイニングリフォーム
  3. 事例
  4. 事例詳細
事例一覧へ戻る

遮熱と断熱、さらに防音までを内窓サッシで解決しました。

遮熱と断熱、さらに防音までを内窓サッシで解決しました。
建物のタイプ 戸建住宅
価格 100万円(単独工事をする場合の概算です)
築年数 不明
工期(全体) 2ヶ月
面積 13.00m²
その他採用機器・設備
施工地 愛知県 安城市
家族構成 ご夫婦

詳細情報:

[テーマ] 間取り変更・スケルトン 、 明るく広々 、 断熱・気密 / 間取り変更:有り / 素材:指定なし / 広さ:〜8畳(〜約13㎡) / 和洋変更:和室→洋室

お客さまのご要望

音楽が大好きな息子様夫婦でした。常に音楽で満ちあふれたリビング空間にしたいとのご要望でした。

リフォーム会社のご提案

二間続きの和室をリビングにリフォームしました。壁や天井の中にオーディオ配線や配管を埋設しました。比較的大きな音量でもご近所へご迷惑をかけないように既存のサッシに内窓サッシを取り付け、二重窓としました。内窓サッシは遮熱タイプのペアガラスを採用し、断熱や遮熱にも配慮しました。

壁の一面をアクセントクロスにしました。空間の広さを考えて明るめで柔らかい色合いのクロスを採用しました。明るい北欧テイストのインテリアをご希望されていましたが、将来、母屋に息子様世帯、こちらの離れにご両親様世帯が住む場所になるかもしれないとのことで、優しい色のアクセントクロスを貼りました。

Before

Before

既存和室は広縁付きのため、日の光が直接入ってこないことも気にされていました。

After

After

広縁部分もリビングスペースにすることで既存よりも広くなり、掃き出し窓越しに、立派な日本庭園も眺めることができます。既存広縁部分の床材カリン材)は思い入れがあるそうで、そのまま残し床下断熱材を入れました。新しく洋室にした部分は既存の床材に色に合わせると暗くなってしまうため、明るい色を選びました。

Before

Before

お手入れの行き届いた純和風の和室はリフォームするのがもったいないぐらいの綺麗な状態でした。

After

After

和室を思い切って洋室に模様替えしました。サッシは内障子も外してお庭が見えるようになり、明るさだけでなく広がりも出ました。
一面の壁をアクセントクロスで仕上げました。

このようなリフォームを実現できる
お近くのリフォーム会社を、複数社ご紹介!

この事例と同じ条件を指定した状態でリフォーム会社紹介にお申込みいただけます。

よく似た事例

最近見た事例

予算や条件など、ご要望にぴったりの
リフォーム会社を最大8社ご紹介します。

今お考えのリフォームの詳しい条件をご登録いただくと、イメージにあった会社をご紹介しやすくなります。

事例一覧へ戻る

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ