1. デッドスペースを利用したL型トイレ
事例一覧へ戻る

デッドスペースを利用したL型トイレ

デッドスペースを利用したL型トイレ
建物のタイプ 戸建住宅
価格 40万円(単独工事をする場合の概算です)
築年数 21〜25年
工期(全体) 3日
面積 2.40m²
その他採用機器・設備
施工地 埼玉県 三郷市
家族構成 大人(61歳~)0人、大人(20歳~60歳)2人、大人(0歳~19歳)2人

お客さまの声

担当者のアイディアで、階段下も利用してトイレが広くなるなんてビックリ!便器もタンクレスになったから今までよりもずっとトイレスペースが広く、手洗い器も別の場所に設けられ、使い勝手もよくなりました。ありがとうございました。

リフォーム会社のご提案

現場を確認した時に、既存の階段下のトイレ側収納は内容量も少なく、デッドスペースになっていました。
L型のトイレって使い勝手はどうなの?と思われるかもしれませんが、実際は便器設置スペースと手洗い設置スペースが分けられて使い勝手はかなりUPしました。
これは無理とすぐあきらめるのではなく、どうすれば広くなるか?を考えた結果の策です。お客様にも大変喜んでいただけたので、悩んだかいがありました。

このようなリフォームを実現できる
お近くのリフォーム会社を、複数社ご紹介!

この事例と同じ条件を指定した状態でリフォーム会社紹介にお申込みいただけます。

よく似た事例

予算や条件など、ご要望にぴったりの
リフォーム会社を最大8社ご紹介します。

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

事例一覧へ戻る

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ