1. 国土交通省が定める省エネ住宅ポイント制度を解説

国土交通省が定める省エネ住宅ポイント制度を解説

国土交通省が定める省エネ住宅ポイント制度を解説

エコな暮らしが広がる昨今、省エネリフォームも注目を集めています。国土交通省でも、環境に配慮した省エネ住宅を推進するために、省エネリフォームやエコな新築住宅を優遇する制度を作っています。エコポイントがもらえるという「省エネ住宅ポイント制度」とはなにか制度内容を紹介します。

国土交通省が薦める省エネ住宅のリフォームとは?

国土交通省が薦める省エネ住宅のリフォームとは?

「省エネ住宅ポイント制度」では、省エネなリフォームにポイントを配布して環境への配慮を拡げていくだけではなく、国土交通省はポイントを使って消費者の需要を後押しすることも目的として掲げています。

制度の対象となるには、省エネ住宅となるように、定められた改修工事を実施する必要があります。省エネ改修工事には、まず、冷暖房の効果を高め使用頻度を少なくすることができる、断熱性能を高めるための工事があります。ガラス交換や内窓、外窓の交換を行う窓の断熱改修。さらに断熱材を外壁、屋根・天井又は床に設置する断熱改修。それから太陽熱利用システムを取り入れ、節水型トイレを設置するなどの設備エコ改修も対象となっています。オプションとして、これらと組み合わせて行うバリアフリー改修、住宅設備の改修なども制度の対象に含まれます。

「省エネ住宅ポイント制度」のポイント配布方法の特徴は、全員に一定のポイントが発行されるのではなく、リフォームの内容によって、発行されるポイントが変わってくるところです。リフォームした窓やガラスの枚数などによって細かく決められているのです。

エコだけでなく消費喚起も!国土交通省の省エネエコポイント

エコだけでなく消費喚起も!国土交通省の省エネエコポイント

省エネリフォームを行うとポイントが発行されるため、省エネ住宅を選択する人も増えています。ただ、省エネ住宅を推進しているだけではなく、ポイント配布による消費を喚起していくこともねらいの一つです。

リフォームの内容によってポイント数は変わりますが、手に入るポイントの限度額は3万ポイントとなっています。手に入れたポイントの使い道は、省エネや環境配慮に優れた商品等の商品交換だけでなく、環境保全団体や復興支援への寄附にポイントを当てることもできます。他にも地域振興券などがあり、省エネ住宅ポイントのウェブサイトから交換可能商品を選ぶことができるようになっています。

最後に、省エネ工事の着手期間が、平成26年12月27日~平成28年3月31日の定められているために、今からエコリフォームを検討する場合には、早めに行動していく必要があります。また、工事の期限に合わせてポイントの交換申請の期限が、平成28年1月15日と迫っているため、注意が必要となります。

省エネリフォームをご検討の方は、弊社ホームプロをご利用ください。あなたにぴったりのリフォーム会社が見つかります。

参照元
国土交通省ウェブサイト:
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/jutakukentiku_house_fr4_000046.html

省エネ住宅ポイント制度
カテゴリ一覧

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄
ページの
先頭へ