1. 浴槽の選び方

浴槽の選び方

浴槽の選び方

リフォーム ホームプロの浴室・お風呂のリフォームに関する情報ページ。浴槽の選び方を掲載。浴槽の種類や素材を紹介します

在来工法はもちろんシステムバスでも、浴槽や壁、床の材質を選ぶことができます。
中でも浴槽は大切な要素。選ぶ際は、空間や安全性を考慮したものを選びましょう。

浴槽の種類

浴槽は大きさや、またぎ込みの高さ、形態、素材などが違うさまざまなタイプがあり、それらによって出入りのしやすさなどが決まってきます。そのため、浴槽を選ぶ際には念入りな検討が必要です。システムバスの場合は、大半はそのタイプによって決まってきます。

和式
和式は深さがたっぷりあり、ひざを折って入るので、肩までつかりたい人向きです。ただ、この入浴スタイルは水圧による影響で身体が収縮し、呼吸運動や心臓の働きが活発になり、心臓病や高血圧の人、あるいは高齢者にはあまり好ましくないとの指摘もあります。
和式の基本サイズ:長さが80~120cm、深さは60cm。
和式浴槽
洋式
浅く長い浴槽に寝た姿勢で入浴できる洋式タイプは、体に無理な圧迫をかけません。 ただし、身体が浮くことがあり、肩までつかれないと寒く感じます。また、介護を必要とする人を入れる場合には、縁が低いので入れやすいのですが、滑りやすく立ち上がりにくいので、滑り止めや手すりが必要です。
洋式の基本サイズ:長さが120~180cm、深さは45cm。
洋式浴槽
和洋折衷式
和式と洋式の両方の長所を合わせたタイプ。肩までつかれ、適当に身体を伸ばすこともできます。最近はこのタイプがよく使われるようになってきました。
和洋折衷式基本サイズ:長さが110~160cm、深さは60cm。和洋折衷式浴槽

浴槽の素材

最近はいろいろな素材が選べるようになり、色も形も多種多様で迷ってしまうほどです。浴室のイメージに合った素材を選び、その素材に合ったお手入れをすることが大切です。

FRP
ガラス繊維で強化したポリエステル樹脂を使用、浴槽の素材として最も一般的です。 なめらかで温かな肌ざわりが楽しめ、カラーバリエーションも豊富。ただ、汚れや傷がつきやすいなどいくつかの弱点もみられますが、材質の改良が進んでいます。
FRP
ホーロー
鋼板ホーローと鋳物ホーローがあります。鋳物ホーローの方が厚みのある素材を使っているので重量感があり、丈夫で錆や腐食に強いなどの特徴があります。しかし、2階の浴室に置くには荷重対策が必要です。いずれもガラス質のホーロー層で仕上げられているので、特有のなめらかな肌ざわりと美しい色が楽しめますが、シャワーヘッドを落としたりして傷をつけると、そこから錆びるので充分な注意を。小さな傷はすぐにメンテナンスすれば大丈夫です。
ホーロー
ステンレス
何といっても傷や錆に強く、清潔な状態を維持しやすい点が根強い人気の理由。裏面に保温材を吹き付けてあるので保温性能にも優れ、金属特有の肌ざわりさえ気にならなければ、申し分のない浴槽といえます。
ステンレス
人工大理石
FRP系の高級仕様で、天然大理石風の色調と樹脂素材を生かした加工性のよさ、肌ざわりのよさといった特徴があります。豊富なカラーバリエーションも魅力です。材質にはしっとりとした肌ざわりで保温性抜群のポリエステルタイプ、硬質で衝撃に強く、色あせしないアクリルタイプなどがありますので、好みのものを選びましょう。
人工大理石

時間がないアナタにピッタリ!
ホームプロなら1回の申込みで最大8社と無料でリフォーム相談

大手4社出資だから安心!
株式会社リクルート オージーキャピタル(大阪ガス100%出資) NTT西日本 NTT東日本

全国でサービス展開中!

※内容により対応できない場合があります

北海道
東北
関東
甲信越
・北陸
東海
関西
中国
四国
九州
・沖縄

広告

ページの
先頭へ