リフォームの業者選び・見積り相談 なら利用者数No.1のホームプロ

現在位置
ホームプロキッチンリフォームキッチン・台所 リフォーム基礎知識キッチンの床・壁
キッチン・台所 リフォーム基礎知識

キッチンの床・壁

キッチン床材の種類

油ハネや水ハネだけでなく、お料理をする人の動きも多いため、住居の中では汚れの頻度が高く、その種類も多様なキッチンの床。しかも、同時に清潔感も大事なだけに、キッチンリフォーム時の床材の選択は重大問題です。しかもここに、足に伝わってくる感触まで考慮に入れれば、迷いはさらに深まりそうです。

下記に、キッチンの床材を一覧でご紹介します。キッチンの使用頻度・時間、我が家の料理の傾向などを考え、どの要素を大切にするかで選択しましょう。

◆クッションフロア(=合成樹脂)
表面がビニール材で手入れしやすく、水に強いのが特長。キッチン床材のオーソドックス派ではあるもの、柄によっては安っぽい印象も。床材の厚みにはバリエーションが広がっています。柄もフローリング風をはじめ、多彩です。

◆フローリング(合板)
水は大丈夫ですが、油性の汚れが付き易いのが難点。また表面上、木質なので見た眼にホットなイメージはありますが、傷などが付き易く、しかも目立ちます。但し、価格は無垢材より安価です。

◆フローリング(無垢材)
1枚木材でつくる床材。裸足でも感触がよく、上品で合板に比べ、傷の心配がいりません。但し、水が染み込みやすく、価格面では高めになります。

◆タイル
汚れにも傷にも強いものの、目地の汚れには注意が必要。また、感触が冷たいため、寒い季節のことを考えての暖房対策が必要かもしれません。

◆コルク
最近、表面加工で従来より汚れに強くなった商品が登場しキッチン床材としても見直され始めています。感触の良さは床材の中でも一番高評価。但し、価格的には、クッションフロアや合板フローリングより高目になります。

キッチン壁材の種類

キッチンリフォームの際には、床材と並んで気を配りたいキッチンの壁材。とりわけコンロ周辺は、油汚れをはじめ、床材以上に過酷な状況にさらされ、しかも防火・耐熱も考えておきたい場所です。

美観と同時に考えるなら、コンロ周辺とそれ以外の場所に異なる素材を選ぶという方法もありますが、最近は不燃材を使った壁材もバリエーションが豊富になってきています。また、コンロ周辺に欲しい機能を備えたキッチンパネルとの併用という方法も、最近では人気が高まっています。壁材として主に使われる合成樹脂、タイルなどとの組み合わせを考えてみるのも良いでしょう。

前のページへ

次のページへ